2011/04/05

TIGER&BUNNY 第01話「All's well that ends well. (終わりよければすべてよし)」

○良かった点
・ヒーローを1人ずつ紹介した所。
 →ヒーローの数が多いので、一人一人の能力紹介はちょっと少なかったけど、犯人逮捕を通してヒーロー紹介した所が良かった。
・虎徹のキャラクターを立てた所。
 →他のヒーローと比べると、目立たないは、損害大きくしてしまうは、成績下位だはであまりにも悲惨。それだけで感情移入してしまった。
・犯人逮捕をショー化する設定。
 →超能力者を使って犯人逮捕するまでをエンタテインメントショーとしてTVに流すアイデアが面白かった。
○悪かった点
・犯罪者が犯罪を犯す所。
 →犯罪者はTVで放送され、スーパーヒーローに追い掛け回され逮捕されてしまう世界なのに、どうしてわざわざ危険を冒してまで犯罪を犯すのだろう?
  そこを突っ込んじゃお終い、と言われそうだけど、個人的な考えとして、ああいうスーパーヒーローがいる街で犯罪を犯そうという奴の気が知れない。
  目立ちたいとか別の目的があって、その手段として犯罪を犯すのなら理解はできなくはないけど。

銀の墓守り 第09話「水銀、盗掘ゲームを学ぶ!」

あれ?前回の盗掘団が生きてる!ゲームだからか。 見所 見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。