2005/08/28

ふしぎ星の☆ふたご姫 第22話

今回もアルテッサが痛い目に遭った。
デコール作りのプリンセスパーティでは、宝石盗難の被害を受けた。(これは鳥が悪い)
お菓子作り対決のプリンセスパーティでは大作を壊された。(これはプロミネンスの力が原因だった)
飛行船対決では飛行船が墜落した。(あ、これは事故だった)
隣国の王子に誘われて行ってみたら、お化け屋敷だった。(しかもファインとレインが脅かし役だった)
そして今回は地下室で特訓しているところへ火災に巻き込まれた。
どうして彼女はこんなにも酷い目に遭うのだろう?
お兄さんが大好きで、努力家で、負けず嫌いなお姫様というだけなのに。

僕はこう考えた。きっと、彼女は人間関係の運が著しく低いのだろう。
隣国の王子は、自分の気持ちに構わず、好意を寄せる。
その妹は、自分を同格と見なしている。
そして、憎い双子の姫はプリンセスとしての自覚に欠けていて、しかも自分に馴れ馴れしい。
事もあろうに、大好きな兄は双子の片割れに好意を寄せている。

人間関係は、本人の努力もあるのだが、その殆どが環境と運に左右されると思う。
彼女はきっと怒るだろうが、僕はアルテッサに深く同情する。


ところで、今回は忘れ去られてしまったと思われていた、お菓子作りの回の回想があった。
回想シーンに入った瞬間、長い間放置されてきた謝罪シーンがようやく見られるのだろうと期待した。
だがしかし、その期待は見事に裏切られた。
アルテッサの救出で謝罪は有耶無耶になってしまったのだ。
それどころか、アルテッサの素直でない感謝の言葉で終わってしまった。
折角の謝罪のチャンスをこのような形で逃してしまうなんて。
このような展開は僕にとっては残念で仕方ない。

恐らく、今後ファインとレインはアルテッサに謝罪しないだろう。
お菓子作りの時に犯した罪は、アルテッサの救出で償ったのだから。(ファインとレインはきっとそう考えているだろう。)

人間関係に恵まれないアルテッサに、いつか幸運が訪れて欲しい。




今回の見所



命を賭けたギャグを言うプーモ
霞草と、死にそうになって目が霞んできたという台詞を引っ掛けた素晴らしいギャグだ。



アルテッサ
いつにも増して可愛かった。



宝石の国のメイドさん

2005/08/20

ふしぎ星の☆ふたご姫 第21話

僕にはお化けのウォーリーが何をしたいのかが良く分からなかった。
というのも、ウォーリーは村人をびっくりさせたいのか、村人と仲良くしたかったのか、はっきりしなかったからだ。
もし、びっくりさせるのが目的ならば、自ら村に出向いて村人をびっくりさせれば良いのだ。

ウォーリーの目的が村人をびっくりさせる目的から、村人と仲良くなる目的に変わってしまったのは残念だ。
かんばっても駄目だったら、別の方面に進めば良いだろうという話ではなく、もっと努力しようという話にして欲しかった。
ウォーリーには是非とも、「プレイボール」の谷口君のような、努力の人(お化け)であって欲しい。
自分のおばけ屋敷に子供たちを呼び込んでいたあの姿をもっとみせて欲しい。

一つ思ったのだが、今回のような話にするのならば、ウォーリーは初めから村人を楽しませたいお化けであれば良かったのではないだろうか?
ウォーリーは村人に自分の芸を見て楽しんでもらいたい。でも、ウォーリーはお化けなので、皆は怖がってしまう。
そこへFINEとREINがウォーリーが村人達に受け入れられるように協力する。
だけど、自分たちだけでは力不足なので、アウラーやソフィーにも協力を仰ぐ。
結局は、皆の努力が実って、ウォーリーは村人と仲良くなりました。
といった話ならば筋が通ると思った。

それにしても、ファインとレインはどういう積りでアウラーやソフィーを呼んだのだろう。(アルテッサとブライトはアウラーに呼ばれたので別とする。)
知り合ったばかりのお化けに協力する為に、友達(少なくとも僕はそう思っている)をびっくりさせようとする気持ちが分からない。
まだ、アウラーやソフィーに事情を説明して、びっくりした振りをしてもらうならまだ分かる。
何故そうしなかったのだろうか?彼らの事を信用していないのだろうか?
その点は残念だ。




今回の見所





かざぐるまの国の子供達

2005/08/16

ふしぎ星の☆ふたご姫 第20話

今回はファインとレインが最後に痛い目に遭った。
それは、プリンセス修行と言いながらバカンスを楽しんでいたからだ。
毎回、おひさまの恵みが弱っている事で起こる影響を目の当たりにしているのだから、そろそろ彼女達も本気になって立派なプリンセスを目指して欲しいものだ。
いくら流れ星に「おひさまの恵みを取り戻せて、みんなが安心して暮らせますように」と願いをかけたとしても、まだ自覚が足りない。
ついでとは言え、願掛けをする姿勢は少しは成長していると言えそうだ。
やはり「夢のクレヨン王国」のように、両親が石になるくらいの、身近な人物が危機に陥らないと危機感を持たないのだろうか。
今後は更なる危機を期待する。
ファインとレインの成長の為にも。




今回の見所



ファインとレインの水着姿。



ナギーニョに群がる女性達。
実は若い女性にも人気があったのね。



ドレスアップ水着バージョン。

2005/08/07

ふしぎ星の☆ふたご姫 第19話

今回は冒頭に月の国の大臣(ローマン)の野望を語るシーンから始まって驚いたが、
これはミルロの結婚話が大臣の陰謀である事の伏線だった。
また、話が進むにつれて、ローマンがしずくの国を乗っ取ろうとしていた事も分かった。
アーロンの野望も口先だけだと高をくくっていたが、そこまでやるとは思わなかった。
(理由は子供向けアニメだから)
ふたご姫のような作品で、そこまでの悪事を働く者が現れるとは思わなかった。
ローマンの存在が今回のストーリーを盛り上げてくれた。
今後、ローマンは裏で野望を果たそうと動くだろう。
ローマンの動向が気になる所だ。
また、今回の事件で月の国としずくの国の関係が悪化しない事を願う。

与太話
今回でふしぎ星にある全ての国の王と王妃を知る事が出来た。
そこで気になるのは、かざぐるまの国としずくの国の国王と王妃だ。
かざぐるまの国の王はドッグル族と種族らしい。
そして、しずくの国の王妃はビーバ族という種族らしい。
何が言いたいかというと、彼らの夜の生活の事だ。
特にしずくの国のそれがとても気になる。
同人誌に回答があるだろうか?


http://futagohime.jp/original/weekly/weekly001.html
かざぐるま
http://futagohime.jp/original/weekly/weekly005.html




今回の見所



愉快な顔のレイン



全裸(?)のティオ
羞恥で頬を染める姿は(以下自粛)



ヤームル。下から見上げると迫力がある。

銀の墓守り 第06話「水銀、陸怜に誓う!」

ようやくエロいのがキター 見所 エロカットなど 新型携帯からなんかエロいのが出てきたー