2008/03/31

チーズスイートホーム 第01話

○良かった点
・主人公が子猫だった所。
 →猫好きな僕としてはこれだけでも満足してしまうが、中の人がこおろぎさとみという点も良い、
  これだけでも見続ける価値はあると僕は思う。
○悪かった点
・展開が早すぎた所。
 →仮に30分作品で同じ内容だったとしても同じ感想を持っただろう。
  主人公の子猫がそれまでにどんな生活をしていたのか(誰かに飼われていたのか野良だったのか)、母親や兄弟との関係はどうだったのか(親兄弟とは仲良しだったのかそうでなかったのか)、 主人公はどんな性格なのか(余所見をして迷子になった事から、何か興味のあるものを見つけたら、周りの事が意識から遠のいてしまう性格のようだ。なら、それまでにそういう事は描かないといけないと思う)
  少なくともこれらの事を描写せずに物語を進めてしまうのはいけないと思う。
  週5日放送の作品らしいので、主人公が迷子になるエピソードは金曜日にして、月~木は主人公のキャラクターを立てる話を描くべきだと思う。(主に何か興味を引くものがあったら、そっちの方に意識が行きがちな性格という所を殊更強調して描くと良いと思う)

2008/03/30

BUS GAMER 第03話

○良かった点
・今回のゲームのルール。
 →中条の言う通り、趣向は面白いと思う。どうせなら、中条達と刑事とジャッジ以外の人間(客を含めて)全てが敵だったら面白かったと思う。
  派手さのみが売りのアクション映画みたいで。
○悪かった点
・アニメーションそのもの。
 →21世紀とは思えないレベルだった。感動すら覚える。
・女刑事の目線。
 →邪魔。いらない。何故出したのだろう?
・警察内部の描写。
 →今回で終わりなんだから、描写はいらないでしょ。もしかしてOVAかなんかに続くの?

BUS GAMER 第02話

○良かった点
・なし。
○悪かった点
・中条がメアド交換をしようとした所。
 →さっぱり分からなかった。斉藤の言う事なんて無視すれば良いのに。
・視聴者が全く知らない情報をいきなり提示した所。
 →命を狙われたとか、盗聴器を仕掛けられたとか(どうやって見つけたんだ?)、そういうストーリーに関わる重要な情報は美柴、斉藤、中条の誰でも良いから誰かの目線で描くべきだった。
・斉藤の防衛戦。
 →これは酷い。視聴者まで秘密にしておくなんて。そこは視聴者にも見せておくべきだ。それに電気屋だったなんて、知らなかったよ!

俗・さよなら絶望先生 第13話

○良かった点
・BパートとCパート。
 →メルメルの中の人ネタや前提ネタも面白かった。
○悪かった点
・Aパートの野良鬼以外のネタ。
 →野良鬼でオチてしまったせいか、他のネタは全く面白くなかった。



見所







霧の入浴シーンが良かった。

ゲゲゲの鬼太郎 第51話

○良かった点
・ネコ娘の視点を外さなかった所。
 →また、ネコ娘の気持ちも丁寧に描いていて良かった。ただ、ネコ娘の気持ちに共感する事は出来なかったが。
○悪かった点
・赤エイの子供が起こした事件。
 →ネコ娘がミウを素敵だと思わせ、また逆にミウがネコ娘を素敵だと思わせる為だけに用意された設定で、脚本家の意図は分かるものの、やる必要の無い事件だと思った。

2008/03/29

いくぜっ!源さん 第01話

Gyaoにて公開中。


○良かった点
・なし。
○悪かった点
・桐島カンナの中の人。
 →棒読み勘弁して下さい。月島きらりだったらネタとして昇華されていてまだ許せるが。
・源さんのキャラクターが立っていない所。
 →初回で部乱目長屋が取り壊される話をされても、部乱目長屋に住んでいる人がどんな人たちなのかも知らないし、どうして源さんが部乱目長屋を守ろうとするのかが分からない。
  この話は最終回にやる事にして、それまでは部乱目長屋の人々と源さんの交流を描くようにした方が、部乱目長屋が取り壊される話が盛り上がると思う。
  源さんがんばれ、部乱目長屋を守ってくれ!と思うようになるはずだ。
・源さんがサチの授業参観に出た所。
 →この話は、源さんが授業参観に出たら台無しになる話だと思う。
  この話の肝は、サチの両親が娘の授業参観に来る事だと思うので、ここは源さんがサチの父親の仕事を引き受け、更にサチの兄弟の面倒を見て、サチの両親を授業参観に行かせてやる展開の方が話としても源さんのキャラクターとしても両立していると思う。

しゅごキャラ! 第25話

○良かった点
・なし。
○悪かった点
・あむがなぎひこに恋愛相談をする展開。
 →なでしこみたいに安心できる云々と言い訳をしていたが、納得できなかった。
  滅茶苦茶仲の良い男兄弟とか幼馴染の男の子に相談をするならまだ理解できるが、初めて会った男の子にどうして恋愛相談をするのか、分からない。
・なぎひこが家以外でも女装する設定。
 →家の中だったら、家訓で女装させられるという設定もありだと思う。
  だが、流石に学校でも女装はあり得ない。
  トイレはどうしたのだろう?身体検査とか体育の授業はどうしたのだろう?
  いくらなんでも無理がありすぎる。

のらみみ 第12話

○良かった点
・のらみみ君の過去を明かした所。
 →おちゃらけた態度ののらみみ君にも、こういう苦労があったのね。
  のらみみ君で一番驚いたのは付け鼻だった所だ。
○悪かった点
・半田が忘れられたのらみみ君をわざわざ訪ねた所。
 →半田が要領の悪い新人社員という事は分かったが、忘れられたのらみみ君を気にかける気持ちが良く分からなかった。
・のらみみ君の気持ちが分からなかった所。
 →のらみみ君が居候したくないなら、キャラ紹介所に行く必要も、忍者キャラに転向しようと努力する必要はないはずだ。
  半田の熱意に突き動かされてキャラ転向の努力をする展開だったら理解できた。

2008/03/28

逮捕しちゃうぞ フルスロットル 第23話

○良かった点
・葵と頼子版のオープニング。
 →ショートであったとはいえ、あったのは良かった。ただ、どうせなら歌も葵と頼子でやって欲しかった。
  ついでに、アイキャッチも葵と頼子にすれば良かったのに・・・
・葵と頼子の作戦がことごとく失敗した所。
 →ギャグとして面白かったし、うわべだけ美幸と夏美のコンビを真似てもダメだというテーマ性を感じる事ができた。
・葵と頼子が痛い目に遭った所。
 →美幸や夏美の机を無断で漁ったり、パトカーの改造をしたり犯人逮捕にキックボードにしてもふざけすぎだし、給湯室でダベっているのは良くない。
  これらの行為に対して彼女らはちゃんと痛い目に遭っていた。
○悪かった点
・なし。

2008/03/26

もえたん 第13話

※もえたんのDVD最終巻(第7巻)にのみ収録されているエピソード。

○良かった点
・エロカット。
 →これについては全く文句の付け所が無い。素晴らしい!
○悪かった点
・監督の好みを前面に出してきた所。
 →アバンの監督の言をそのまま素直に受け取るとしたら、エロカットはともかく、荒廃したパラレル世界や合体ロボで戦う展開は邪魔以外の何者でもなかった。(OPに入れるだけだったら、まだ許容できた)
  荒廃した世界や合体ロボをやりたいのなら、そういうアニメなりOVAなりの企画に参加すれば良いと思う。
  少なくとも、もえたんではやって欲しくなかった。


見所









































EDのPOP氏のカットが滅茶苦茶良かった。
もちろん、劇中のエロカットも滅茶苦茶エロくて良かったけど。
それはそうと、澪の胸は無いのか微妙にあるのか、どっちなんだ!
あと、すみの猫のパジャマにはちゃんと猫ふぐりは付いていたんだろうか?非常に気になる。
ちなみに、いんくとすみのアイキャッチを入れたのには理由がある。いんくの太腿がエロかったからだ。

逆境無頼カイジ 第25話

○良かった点
・緊張感溢れる演出。
 →兵頭が○を引いてしまったのか?と思わせる演出は良かった。
○悪かった点
・くじを引くまで引っ張りっぷり。
 →次回で決着をつける為とはいえ、引っ張りが過ぎると思った。

魔人探偵脳噛ネウロ 第25話

○良かった点
・Xの謎を明かした所。
 →でも辻褄合わせ感バリバリだった。これだったら、最初からXなんて絡ませなければ良かったのだ。
○悪かった点
・ネウロのピンチ展開。
 →現在連載中のネウロのような展開だったらピンチに陥っても不思議でないが、オリジナルの設定で無理やりピンチに陥っても面白くない。
・地球の危機的展開。
 →何故無理矢理危機を作るのか?必要の無い危機だった。
・Xの苦しみが分からなかった所。
 →Xが苦しんでいる所を見ても何が辛いのか苦しいのかさっぱり分からなかった。

キューティーハニー THE LIVE 第25話

○良かった点
・早見とハニーが知り合うエピソードを入れた所。
 →エピソードを入れた事自体は良いのだが、ハニーが早見を助けた理由が良く分からなかった。
○悪かった点
・結局、ユキが世界征服を言い出した理由が分からなかった所。
 →だからどうして、世界征服をしようとしたの?何故?
・結局、早見がハニーの秘密を知っていた理由が分からなかった所。
 →別に如月博士の知り合いでもなかったようなのに、どうしてハニーが3日寝続けると暴走するなんて事を知っていたのだろう?

ウエルベールの物語 第二幕 第13話

○良かった点
・なし。
○悪かった点
・グダグダな展開。
 →ノイシュバーンの自殺未遂とかボルジュラックの復活とかティナが孤児院を手伝っているとか、それまでの話が盛り上がっていればどれも王道的な面白い話になるはずだったのだが、リタ、ティナ、ガラハドの下らない三角関係描写や死神蜂のオチや戦争ネタなど、どれも前作を下回る詰まらないものばかりだった。
  何故こうなってしまったのだろう?
  二期なんてやらなければ良かったのに。(リタの復讐設定が投げっぱなしになってしまうが、一期を見る限りではそこまで重要でなかったように見えた。戦争回避を重要視した為なんだろうが)

2008/03/25

ハローキティ りんごの森とパラレルタウン 第26話

今回で(多分)最終回となったパラレルタウンだが、マックローを倒す手段はなかなか面白かった。
りんごに虹のしずくが含まれている設定は後付っぽい(もしかしたら前作で説明されているかもしれないが、見ていない為、そう判断した)が、ぎりぎり許せる範囲だった。
ところで、モモンガ兄妹はどうなったんだろう?
あのまま置き去りだったのだろうか?


見所















エミリーとリンダ
なんか今回はリンダの影が薄かったような・・・











エミリー
回転中のふくらみっぷりがなんとなくトマトに見えてしまった。



集合写真
なんか余計なものが写ってたんでカット。



ヘレナ
良かった。最後に見られて。

アクションヒロイン チアフルーツ 第10話「さよなら絶望戦士」

TOP10入りも空しく迷走するチアフルーツ。この壁を乗り越えられるのか!? 見所 見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。