2005/09/24

ふしぎ星の☆ふたご姫 第26話

今回はいつものふたご姫と違ってシリアスな展開だ。
ローマンの策略によって、プロミネンスの力が奪われた。
また、月の国の王子、シェイドがエクリプスである事もファインとレインに知られてしまった。

月の国のお城に潜入捜査をするファインとレインの目を通して、シェイドの普段の生活を知る事が出来た。
母や妹を想い、城で働く者達にも気を配るシェイドは立派なプリンスだ。
一方で、プロミネンスの力を守ろうとするシェイドは、立派なプリンスの姿とは程遠く、がむしゃらに敵に立ち向かっていく。
シェイドの二面性が上手く表現できたと思った。
それに比べ、ブライトはプロミネンスの力を奪う為の餌の役割と、ローマンの手先を逃がす為の役割しか与えられなかった。
このブライトとエクリプスの二面性も上手く表現されていると思った。

初期の頃の二人はブライトは光(女の子の憧れの王子様)、エクリプスは闇(プロミネンスの力を欲する怪しい男)として描かれていた。
だが今はブライトは闇(間接的にだがローマンに協力する王子様)、エクリプスは光(ローマンからプロミネンスの力を守る王子様)となった。

この逆転現象はとても面白い。
ブライトが今後どうやって再び光り輝くのかが見物だ。


また、ファインとレインが行った「月の国のお城に忍び込む」行為は残念に思った。
いくらシェイドがエクリプスかもしれない、と思ったからと言って、不法侵入は許されるものではない。
確かに、ファインとレインの性格なら、目的の為には手段を選ぶような事はしないだろう。
キャラクターの行動としては間違ってはいないと思う。
だが、ファインとレインはプリンセスグレイスのような、立派なプリンセスを目指しているはずだ。
立派なプリンセスを目指す為には、プリンセスレベルを上げなくてはいけない。
ならば、今回の不法侵入は最低レベルにまで落ちても不思議でないはずだ。
むしろ、プロミネンスの力を行使するに相応しくないと判断されてもおかしくない。
脚本家や監督はこれらの事をどう考えているのだろう?
もし、目的の為なら法も道徳も破っても問題ないのだ、という思想だとしたら、僕が毛嫌いしている倉田英之や(悪い脚本を書いた時の)黒田洋介や山田典枝と同じレベルだ。

僕がファインとレインに月の国のお城を探検させるのならば、ムーンマリアのお見舞に来たと理由を付けて月の国に行かせる。
そして、ファインとレインが交代で、片方はムーンマリアやシェイド、ミルキーの相手をして、もう一人はトイレに行くとか適当な理由を付けて中座して、その間に城を探検する。
これだったら、不法侵入よりかは正攻法だと思うのだが、如何だろう?

2005/09/17

ふしぎ星の☆ふたご姫 第25話

今回は、ファインとレインのプリンセスレベルは上がらなかった。
自分の判断でプロミネンスの力を使わなかったのがその理由だ。
だが僕は、むしろレベルダウンするべきではないかと思った。
なぜなら、アルテッサを助けた後、アルテッサの持ち物だと思われる箱(本当はイナゴが入っている箱)を勝手に開けてしまったからだ。
親しき仲にも礼儀あり。これはプリンセスらしからぬ行為ではないだろうか?
しかも、アルテッサは開けるなと言っていたのだから。(開けたタイミングと同時ではあったが。)
話の展開から、どうしてもイナゴに登場してもらわなければならないから、ファインに開けさせたのだろう。
僕だったら、アルテッサに箱を渡そうとするが、手を滑らせ箱を落としてしまい、イナゴを逃がしてしまう。
これだったら、ファインの過失で済まされると思うからだ。

あと、ベストフラワープリンセスにソフィーが選ばれたが、僕は納得がいかなかった。
何故なら、ベストフラワープリンセスの評価を、花を飾る手法や演出ではなく、それとは別の所で評価したからだ。
これでは、他国のプリンセスのために働いたプリンセスがベストプリンセスとなってしまうではないか?
まず有り得ないが、今後もしかすると、自作自演を行うプリンセスが現れるかもしれない。
大会を行う前に、選考基準をはっきりさせるべきではないだろうか?

それにしても、今回のプリンセスパーティにミルロが参加してきたのには驚いた。
てっきり、しずくの国の女王が参加させないと思ったからだ。
きっと、事情を説明して、納得してもらったのだろう。




今回の見所



シェイドを見つめるファイン



アルテッサ

2005/09/10

ふしぎ星の☆ふたご姫 第24話

今回の話のテーマは、一体何だったのだろう?
エクリプスは悪い奴じゃない、と言う事を教えるのがテーマだったのか?
それとも、喧嘩は良くない、と言う事を教えるのがテーマだったのか?
それとも、他人の喧嘩の首を突っ込むと、痛い目に遭う、と言う事を教えるのがテーマだったのか?

僕はラストシーンから、ブライトの劣等感を出させる為に、今回の話を作ったのではないかと思った。
自ら、かざぐるまの国の内紛に首を突っ込んだのは良いが、何も出来ずにおろおろするだけだった自分に腹を立てていたブライト。
だが、僕にはブライトの悔しさが何一つ伝わらなかった。
ブライトは何故、隣国の内紛に首を突っ込んだのか?
動機が描かれていないから、今回のブライトは、ティオと同じレベルの人になってしまっている。
(ティオはあれで良い。ティオはお笑い担当なのだから。)
だから、ラストシーンでブライトが悔しがってもこちらには何も伝わらない。

今回の話がもし、ブライトの劣等感をテーマにしているのであったなら、ブライトの目線で話を進めていくべきだった。
最初で、ふたご姫がかざぐるまの国に行き、祭りが行われない事を知るシーンの後、宝石の国に場面転換させる。
そこで、ブライトがかざぐるまの国で起きている内紛の調停役として買って出る。
(この時に、動機を描く。動機は13話のエクリプスとのやり取りのシーンや、18話の飛行船レースで野次られた時のシーンの回想でも入れておけば十分だろう。)
後はファインとレインの面白いシーンや、エクリプス乱入のシーンを織り交ぜながら、ブライトの無力さを見せるシーンを入れる。
そして最後のシーンを持ってくれば、ブライトが思っている、情けなさや悔しさが伝えられるのではないだろうか?

最後に。
風のボンボン祭りは、鳥人族が居なくても出来る祭りにしか見えない。
祭りに鳥人族が居なければならない理由はどこにも見当たらないのだが?




今回の見所



ティオ

2005/09/03

ふしぎ星の☆ふたご姫 第23話

今回は、些細な事かもしれないが、気になった台詞があった。

(ハンマーで痛めつけられたエクリプスがプロミネンスの力を使うな、と言った事に対して。)
「でも、このままじゃみんなが育てた花が(駄目にされちゃう)!やるしかないよ、レイン」
(ローマンの手先は、エクリプスを痛めつけたので、今度は花壇を荒らしても邪魔が入らないだろうと思って花壇に向かったようにも見えるが、僕にはエクリプスを更に痛めつける為に向かって行ったように見えた。)

「でもこのままじゃ、みんなの花が(飛ばされちゃう)!」
(プロミネンスの力で発生させた竜巻で皆が飛ばされそうになっている時の台詞)

ファインのこれらの台詞には引っかかるものがあった。
人の命より、花が大事なのだろうか?
子供の発言とはいえ、流石に問題ではないだろうか?

最後のシーンでは、キャメロットが「フラワーアレンジメントに一番大切な事は花を愛する気持ち」と語っていたが、花を愛する気持ちさえあれば、人の命などどうでも良いとでも言うのだろうか?
キャメロットがそれまでの経緯を知らなければ言っても良い台詞だろうが、一部始終を見た上でこの台詞は問題ではないだろうか?

このアニメがギャグアニメだったら、これらの台詞も笑って突っ込みを入れる事が出来る。
だがしかし、ふたご姫はギャグアニメでは無い。故に、僕はこの台詞に引っかかった。


僕だったら、こうする。
1.ローマンの手先が花壇を荒らす。
2.ファインとレインが止めるように言う。
3.手先は、止めて欲しかったらプロミネンスの力を寄越せという。寄越さなかったら、花壇をもっと荒らすと脅す。
4.ファインとレインは、花壇を荒らされるくらいなら、プロミネンスの力をあげると言って、ドレスアップしようとする。
5.エクリプスが止めに入り、手先を追い払う。
6.ラストシーン
派手さに欠けるだろうが、これくらいで十分なのではないだろうか?




今回の見所



ルル



プリンセスたちとプーモ

名探偵コナン 第881話「さざ波の魔法使い(前編)」

ロリ&おばさん水着が見られるのはコナンだけ!(じゃないよ?) 見所 見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。