2009/10/31

2009年秋以降の新作アニメ

2009年秋以降に放映される関東地方の某県某市で視聴可能なアニメを列挙する。
情報が更新されたら、こちらも更新する予定。
尚、元から見る気が無い新作アニメについては記述しない。
また、放送開始した番組については削除する。

タイトル/放送日/放送時間/放送局

2010年1月放送開始
れでぃ×ばと!/01/05(火)/--:--/AT-X
のだめカンタービレ フィナーレ/--/--(木)/24:45/フジテレビ
はなまる幼稚園/--/--(-)/--:--/テレビ東京
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト/--/--(-)/--:--/テレビ東京
バカとテストと召喚獣/--/--(-)/--:--/
デュラララ!!/--/--(-)/--:--/TBS
ひだまりスケッチ×☆☆☆/--/--(-)/--:--/TBS


2010年1月?放送開始
おまもりひまり/--/--(-)/--:--/
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド/--/--(-)/--:--/
ちゅーぶら!!/--/--(-)/--:--/


2010年新春放送予定
おおかみかくし/--/--(-)/--:--/TBS
COBRA THE ANIMATION 六人の勇士/--/--(-)/--:--/
BLACK★ROCK SHOOTER/--/--(-)/--:--/
Angel Beats!/--/--(-)/--:--/



2010年放送予定
財団法人 オカルトデザイナー学院/--/--(-)/--:--/テレビ東京
閃光のナイトレイド/--/--(-)/--:--/テレビ東京
会長はメイド様!/--/--(-)/--:--/TBS
ひだまりスケッチ×☆☆☆/--/--(-)/--:--/TBS
戦国BASARA[第2期]/--/--(-)/--:--/
ダンボール戦機/--/--(-)/--:--/
CAT SHIT ONE THE ANIMATED SERIES/--/--(-)/--:--/
三國演義/10/--(-)/--:--/NHK

聖剣の刀鍛冶 第05話

○良かった点
・リサの日常描写を描いた所。
 →このテのアニメ作品で日常描写なんて描かないと思っていたので、ビックリした。
  セシリーが出てくるまでにリサと村人との関係、ルークとの関係を描いてくれたお陰で、リサの日常がどんなものなのかが理解出来た。
・リサの衣装替え。
 →リサの魅力が引き出されていて良かった。
○悪かった点
・リサについての情報が少なかった所。
 →ルークの口説明は仕方が無いにしても、どこそこでリサを拾って(もしかしたら、これ自体ルークのでっち上げかもしれないが)きたとか、助手として働いてもらって何年になるとか、もう少しリサの情報を出して欲しかった。
・リサの言動。
 →それまでのリサの言動から、てっきりリサはルークに対して恩義とか尊敬とか、そういう気持ちが大半を占めていると思っていた。(でなければあそこまで尽くさないだろうし)
  なので、リサがルークに対して不信感を持つような言動自体、あり得ないと思っていた。
  そのせいか、リサがルークに対してルークの事が良く分からない風の言動を聞いて、余計に混乱してしまった。
  個人的にはシンプルに、リサはルークの事を全面的に信頼、尊敬しています、といったエピソードにすれば良かったと思う。


見所








リサ
個人的にネコミミフードが良いな。

キディ・ガーランド 第03話

○良かった点
・アスクールとク・フィーユが協力して事件を解決した所。
 →スクールの行き当たりばったりな行動や、ク・フィーユの微妙な能力とか、その辺りが半人前と呼ばれる所以なのだろうが、そういう至らなさが良かった。
○悪かった点
・アスクールとク・フィーユが受付業務を簡単に放棄した所。
 →直情的なアスクールなら、困った人を助けずにはいられないだろうから、受付業務を放り出しても不思議ではないが、ク・フィーユだったらそう簡単には職務を放棄しないと思ってしまった。
  その辺りは手形の決済(という言い方でいいのかな?)までに時間が無い事で正当化しようとしていたようだが、それだったら、2人の友達の受付嬢コンビのアリサとベルが交代するとか、何かしらの方法があったと思う。(たったそれだけの描写で、アリサとベルのキャラクターが立つのに、もったいない。)
・トロワジェインがステッキの持ち主だった伏線を張っていなかった所。
 →アスクールが局長室に出前に行ったときとか、ク・フィーユと2人で出前に行っている途中でトロワジェインに会った時におかしな様子を見せるとか、何かしらの伏線を張っておいた方が良かったと思う。
・ED。
 →喫茶室の入り口を延々と映すだけだなんて、あんまりすぎる。
  ク・フィーユとトロワジェインの熱唱カットが間に合わなかったの?


見所




エロカット
自分でチョイスしておいて言うのもなんだが、間違い探しか!

しゅごキャラ!!どっきどき! 第05話

○良かった点
・ややが花の手入れを頑張る理由を描いた所。
 →ただ、面倒くさがりやのややがどうしてあそこまで一生懸命に花を育てたのかが分からなかった。
  そこまで描けていればもっと良かったと思う。
○悪かった点
・リメイクハニーで花壇を元に戻した所。
 →前々から思っていたが、リメイクハニーで何でも元通りという設定は無かったほうが良かったと思う。
  今回の話だったら、テーマは変わってしまうかもしれないけど、初心に帰ってまた一から今度はりっかとひかるの花壇を作ってみよう!とか、茎が折れて一見ダメになったように見えても、翌日、天に向かって花を咲かせてみせて、花の生命力の強さを見せ付けて、花だって頑張っているんだから、私たちも花壇を元通りにするように頑張ろうよ!とか、荒れた花壇を使って前向きになれるようなテーマにした方が良かったと思う。

新・三銃士 第11話

○良かった点
・リシュリュー枢機卿とアンヌ王妃の会話。
 →枢機卿の恋は女を美しくする云々を含めた前後のくだりは、アンヌ王妃に対してでなく、枢機卿自身に対して言っているようにも感じられた。
・リシュリュー枢機卿とアンヌ王妃それぞれが信用・重用する人間が変わった所。
 →枢機卿はミレディを、アンヌ王妃もミレディを重用するようになった所が面白い。
  ミレディがその気になれば、アンヌ王妃側についてもおかしくないし、それ以上に、ミレディを重用する事で、ロシュフォールが今後どういう行動に出るかが読めなくなった所も良かった。
  下手をすれば2人とも枢機卿を裏切る展開もありそうなだけに、ミレディとロシュフォールの行動には目が離せない。
○悪かった点
・リシュリュー枢機卿がアンヌ王妃に想いを寄せる理由。
 →枢機卿の心理描写が無いせいか、ストーリーを盛り上げる演出の為に枢機卿に恋心を抱かせたようにしか思えなかった。
  初回から枢機卿がアンヌ王妃に想いを寄せているかのような言動を見せていれば、不自然ではなかったのだが・・・

2009/10/29

クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者 第06話

○良かった点
・ナナエルさんのパンチラ。
 →ここ最近、ナナエルさんのハジけた言動&パンチラを見ていなかった気がするので、丁度良かった。
  全額自分に突っ込んだアホな行為はともかくとして、まかり間違って優勝しちゃったら大儲けだよね。個人的には是非そうなって欲しい。
○悪かった点
・クローデットvsメナス戦。
 →一応、台詞で思想の対立を出してはいたが、メナスを退場させるためだけの言わば消化試合的な意味合いを強く感じた。
  どうせならレイナvsメナスにすれば良かったのに。


見所















エロカットとか。
うーん、だんだんとエロカットを探すのが大変になってきたぞ!

ささめきこと 第04話

○良かった点
・なし。
 →今回は村雨の手前勝手な言動に腹が立った。
  曲がりなりにも主人公が他人の弱みに付け込んで事を成しただけでなく、その行為について反省しないなんて酷すぎる。
○悪かった点
・村雨が朱宮の弱みに付け込んだ所。
 →村雨は風間の為、と理屈をつけているが、僕には村雨自身の為に朱宮の自分に対する好意を利用したとしか思えなかった。
  とにかく手前の手は汚さない、けど美味しい所は俺のものという根性が気に食わなかった。
  せめて、朱宮には女子部部員を1人でも獲得できたらデートしてやってもいい、くらいの条件をつけた上で、村雨自身も汚れ役を演じた上で朱宮と協力して部員確保に走って欲しかった。


最初は村雨の風間に対する一途な想いに共感したが、今回のエピソードで村雨は自分の利益の為なら、自分に向けた好意すら利用する人でなしという認識が強くなった。
次回以降、村雨が今回と同様に自分の手を汚さずに朱宮を利用して事を成そうとしたら見切ろうと思う。
個人的に、卑怯な奴は応援したくないから。

2009/10/26

あにゃまる探偵 キルミンずぅ 第04話

○良かった点
・カノンの変身をエピソードで見せた所。
 →アニマリオンと呼ばれる種族がどんな能力を持っているのか、良く理解出来た。
○悪かった点
・4話までに怒涛の如く設定を出しまくった所。
 →1クールアニメじゃあるまいし、何故そこまで設定をこれでもかと出しまくるのだろう?
  主役級のリコ、リム、ナギサ、ケン、タマオのキャラクターを立てつつ、少しずつキルミンの謎を明かしつつ探偵ごっこをやって、中盤辺りからカノン+カノンママの野望を見せていけば良かったと思う。
・ナギサのヌグミンシーンをカットし続けている所。
 →いつになったら見せてくれるの?やはり、もえたんの時のように、愛知版じゃないと見せてくれないの?
○悲しくなった点
・OP。
 →次回以降、OPのタマオの姿を見るにつけ泣かずにはいられない。
  それまで悲惨な目しか遭っていない上にキルミンも出来ないので、尚更タマオに感情移入してしまう。
  何かしらの形でタマオには報われて欲しい。


見所























リコ、リム、ナギサ、カノン
14枚目のナギサの後姿だけど、履いてないよね?間違いなく。
それと、今更だけどナギサはキルミン姿になってもおっぱいおっきいんだね。ょぅι゛ょなのに巨乳・・・なんてけしからんのだ!
最後のは被りモノの表情がイイね!

AIKa ZERO 第02話

○良かった点
・女子生徒の入浴シーン。
 →おっぱいはともかく、股間を湯気で隠さなかった所に驚いた。
  やはり、縦筋さえ入れなければ問題無いのだろうか?
・謎。
 →触手うにうにのおねーちゃん自体の謎もそうだが、ハーケン兄妹が何をしようとしているのかという謎も気になった。
・ルドルフ・ハーケンの声。
 →思ったより、塩沢兼人氏が演じたルドルフ・ハーケンの声に近い声質でちょっと驚いた。
○悪かった点
・藍華達の入浴シーン。
 →入浴シーンはこちらが先だったのだが、こちらは隠していた。縦筋でも入れていたのだろうか?


見所








入浴シーン
ここの女生徒は皆下付きらしい。(下付きってレベルじゃねえぞ!ていうのもあるけど)
それはそうと、縦筋さえ描かなければ隠さなくても問題ない事が証明された。
さあ、エロを売りにしているアニメは後に続くんだ!

キディ・ガーランド 第02話

○良かった点
・作品の方向性が見えない所。
 →アスクールとク・フィーユがエージェントとして成り上がる物語かと思ったけれど、そういう訳でもなさそうなので、ストーリーでなくネタを楽しむ作品なのだと割り切れば、面白いのかもしれない。
・ネタ。
 →声優やら別のアニメ・漫画作品のパロディに思わず吹いてしまった。
  アスクールとク・フィーユのキャストテロップを見てまた吹出してしまった。ちょっと悔しい。
○悪かった点
・ク・フィーユのキャラクターを立てずに物語を進めた所。
 →アスクールと一緒にカボチャプリンを盗みに行くまでの過程をすっ飛ばしたのがまずかったと思う。
  その過程でク・フィーユのキャラクターが立てられただろうに。
・カボチャプリン奪取作戦にアスクールがいた事。
 →早く食いたいから一緒にいるのはキャラクターとしては間違っていないのだろうが、結果的に居てもいなくても良かったような展開になってしまったのが残念だったと思う。
  どうせなら、ク・フィーユが責任を取って一人でカボチャプリンを取りに行くようにして、潜入中にク・フィーユの能力を存分に見せつけた後でク・フィーユが危機に陥る展開にして。そんな時にアスクールが助けに来る(アスクールが来たのはク・フィーユが心配だからでなく、待ちきれなかったから、とでもしておけばアスクールのキャラクターが引き立つと思う)ようにすれば良かったと思う。


見所















エロカット
人形にもぱんつはかせてるんだね。UFOキャッチャーの景品みたいに。

フレームアームズ・ガール 第01話「轟雷/スティレットとバーゼラルド」

武装神姫かと思ったら関節が目立たなくなっていますね。これは随分と進化した武装神姫ですね。 見所 見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。