2013/10/25

サムライフラメンコ 第03話「フラメンコvsニセフラメンコ」

○良かった点
・正義と要の思想のぶつかり合い。
 →どちらも理屈をこねくりまわしているだけなんだけど、どちらにも妙な説得力があってどっちも正しいように感じてしまった。
  うん、どっちもサムライフラメンコでいいや。この際。強いサムライフラメンコと弱いサムライフラメンコということでひとつ。
○悪かった点
・なし。
 →偽ヒーローネタに身代わりネタ。定番ネタのてんこ盛りで滅茶苦茶面白かった。早く次回が見たいぜ!

ポケットモンスター エックスワイ 第03話「ケロマツVSヤヤコマ!空中機動バトル!!」

見所








見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。

2013/10/21

ワルキューレロマンツェ 第03話「決闘の朝」

髪を切ったらやっぱり天上ウテナでした。


見所








見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。

世界でいちばん強くなりたい! 第03話「ギブアップ」

○良かった点
・エロ技。
 →このアニメで見られるところってこれしかないよ。
○悪かった点
・さくらちゃんが簡単にギブアップする所。
 →連敗した方が話として盛り上がるのは分かるけど、プロデビューする為にベルセルクの先輩方に100回投げられても立ち上がったあの根性は何処に行ったの?
  こう、試合の度にエビでギブられたら2話目で見せたあの根性って何だったの?ってなっちゃう。
  そりゃ、投げられと技キメられっぱなしとは違うのだろうけど、100回投げを耐えられた人がエビでギブというのにどうしても違和感がある。
  痛みに違いがあるのだとしたら、その違いをさくらちゃんに言わせて欲しい。例えば、投げならその一瞬で済むけど、技だと痛みがずっと続いて非常にしんどい、とか。
  ただ、あああああああああああああああうううああああああああああってうめき声だけじゃあ、分からんぜよ。
・ベルセルクの先輩方がさくらちゃんにアドバイスを与えていない所。
 →さくらちゃんが技を返せず、何度も同じ技でギブアップして負けていく様を見ていて、先輩方は何も思わないのだろうか?
  さくらちゃんだってベルセルクの看板背負っているのだから、さくらちゃんが無様な負け姿を晒せば、ベルセルクの看板に泥を塗り続ける事になってしまう事になって、引いては自分たちの指導力の無さどころか、ベルセルクって実は弱いんじゃないか?チャンピオンの豊田がいるけど、八百長でチャンピオンになったんじゃあないか?ってな評判が立ってしまうんじゃあなかろうか?
  何故、先輩方はさくらちゃんを負け続けさせるのだろう?ベルセルクに所属している以上、さくらちゃんの負けはベルセルクにとってマイナスにしかならないと思うんだけど。
  試合前のスパーリングなんかで技の返し方とか練習しないんけ?
  技の返し方は習ったけど、実践ではなかなか上手く返せないとかだったらまだ分かるけど、返し方すら教えてもらっていないというのは流石に・・・
  実際のところは、いろんな人の試合を見て返し方なんかを学ぶのだろうけどそういう描写も無いしねぇ。
・さくらちゃんが学習していなさそうな所。
 →どうしたら技を返せるのか?とか、どうやったら技を食らわずに済むのかとか、試合の振り返りや他人の試合を見て、同じ技を食らった場合どうやって対処しているのか研究するとかのシーンが無いから、さくらちゃんがアホの子にしか見えない。
  そういうシーンを入れるだけでも、さくらちゃんに対する印象って随分変わるものだけど、どうして入れないのだろうね?
  さくらちゃんの喘ぎ声とか股間のアップなんかに力入れないで、もうちょっとさくらちゃんを考えてる子に見せるようにしておくれよ。
  このままじゃあ、さくらちゃんが本当にアホの子評価のまま終わっちゃうよ。例え試合に勝ったりエビギブしなかったとしても主人公補正にしか捉えられないよ。


見所








見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。

2013/10/20

サムライフラメンコ 第02話「傘がない」

○良かった点
・正義の原点を描いた所。
 →傘のエピソードなんて、あるあるネタの一つにしか過ぎないのに、それを正義のトラウマにしつつ彼がサムライフラメンコとして生きなければいけない業を背負わせるエピソードにしたのは上手いと思った。
  個人的には、正義が謝罪するシーンも回想として入れて欲しかった。
  そこで傘を取ってしまった事を許す描写なんかあったら、もう正義は重い十字架を背負ってしまったのがありありと分かるんだけどなぁ。
  傘を取ったのは悪い事だけど、逆の立場だったら僕もやってしまうだろう、なんて言われた日にはもう、正義に人生の選択の余地はなくなっちゃうね!
  小学校低学年がそんな事言うかよ!っていう突っ込みどころはあるけど、そこは正義に業を背負わせるためのうそリアリティという事でひとつ。
○悪かった点
・なし。
 →今回も面白かった。正義の愚直なまでの悪を憎む心の熱さに当てられっぱなしですよ!これはもう、ストッキングを被ってサムライフラメンコごっこをするしかないな!

マギ The Kingdom of magic 第03話「旅立ちの予感」

見所




エロカットなど
隣にアリババくんがいるのを分かっていてあの悪口・・・この陰険っぷりはなんとなく女性っぽい感じがするよ!
って、原作者女性でしたか!
まあ、それはそうとして、アラジンの師匠のおっぱいともお別れですか。
二期に入ってからおっぱいとのお別れが多いですな。
でも、ぼくにはもっさんのふとももがあるから大丈夫!

最強銀河 究極ゼロ ~バトルスピリッツ~ 第05話「氷の星!俺を呼ぶ究極(アルティメット)の声は誰だ?」

見所








見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。

2013/10/14

世界でいちばん強くなりたい! 第02話「プロデビュー!」

○良かった点
・エロ技。
 →初回の恥ずかし固め程のエロ技は無かったけど、まあ、エロかったね。
  そのうちアレですかね?おっぱいポロリとかあるんですかね?
○悪かった点
・さくらちゃんが訓練を耐えるだけの体力の裏付けが感じられなかった所。
 →そりゃ、アイドルやってた以上、ハードな練習をしてきただろうけど、それはあくまでアイドルやっていく上での体力づくりだったりする訳で。
  訓練生がドン引きするくらいの厳しい練習メニューをこなせるだけの体力がさくらちゃんにあったとは到底思えない。
  根性で乗り切ったような描き方をしていたけど、説得力に欠けていたと思う。
  やっぱり、初回でSweet Divaの裏側を描けば良かったと思う。
  そこでハードな練習風景でも見せてくれれば、ちょっとは説得力があったのだけどね。
・さくらちゃんのプロレスの才能設定。
 →いくら主人公だからって補正&マンセーはひどすぎる。3か月でリングデヴューを才能で片づけられちゃあ、この作品は女子プロレスを舐めていると思われても仕方がないよ。
  あ、風間さんがアイドルをコケにしたからそういう風にしたんですかね?
  そういうつもりはないのだろうけど、このアニメ、アイドルや女子プロレスに対する尊敬の念が感じられないよ。
  さくらちゃんのせいでアイドルも女子プロレスもちょろいもんだと思えちゃうよ。
  やっぱり、Sweet Divaの裏側を描くのもそうだけど、さくらちゃんが女子プロレスに転向する際に女子プロレスで活動するレスラーが、普段どんな訓練や体力づくりをしているのかをきっちり描くべきだったと思う。
  それらを描いていれば、さくらちゃんのチート級主人公補正もちょっとは許せたかもしれない。
  だって、さくらちゃんや風間さんが言ってるじゃない。メンバーバカにすんな、とかプロレス舐めンなって。
  それを言うってことは、表層しか見ない人に対してそうじゃない、裏で血のにじむような努力をしているんだから、バカにされたり舐められたら腹が立つって事でしょ?
  だったら描かないと。視聴者の想像に任せちゃダメでしょ。


見所








見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。

最強銀河 究極ゼロ ~バトルスピリッツ~ 第04話「守護神来たぜ!俺は白銀のゼロ!!」

見所








見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。

GRANBLUE FANTASY The Animation 第13話「もう一つの空」

最終回に水着回を持ってくるとはやるな。 見所 見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。