2006/02/25

ふしぎ星の☆ふたご姫 第47話

駄目だ。
どうしてもブライトの行動が中途半端に見えて仕方が無い。
何故、キャンディの両親を石にしてしまった事に動揺してしまうのだろう?
ふしぎ星を救いたいというブライトの想いに比べたら、グレイスストーンの在り処を教えないキャンディの両親を石にするくらいどうって事無いはずだ。
この程度で同様するくらいなら、おひさまの国のお城を乗っ取ったりしないし、出来ないはずだ。
暗黒に堕ちる前のブライトは、優しいヘタれ王子様だった。
それを引きずったままの暗黒モードでは中途半端と言わざるを得ない。
暗黒モードになるのなら、冷徹な、目的の為にはどんな汚い手段をも厭わないくらいの性格に変わらないと説得力が無い。
今のブライトは、暗黒に堕ちる前のブライトが、ちょっと道を踏み外したちょいワル王子にしか見えない。
まるで自分に注目を集めたいばかりに悪さをする子供かのようだ。


あと、アルテッサが語尾に「ブモ」を付けるキャンディに対して、怪しいと疑ったが、ファインとレインの屁理屈染みた論理で諭され、キャンディを調べずに引き下がってしまった。
アルテッサにはもっと反論して欲しかった。
(そもそも、歌について聞き取り調査をした時、村人の語尾には「ブモ」が付いていなかったのだから、アルテッサはそこを攻めれば良かったのでは・・・?)
間違っていたら、デスノートのニアよろしく、「間違っていたら『ごめんなさい』でいいじゃないの!」で押し切って欲しかった。
そして、キャンディを裸にひんむいて、頭のてっぺんから足先までじっくり観察もとい調査をして欲しかった。

アルテッサだったら、それくらいしても良いはずだ。
何せ、世界征服をたくらむ兄を止める責任があるからだ。
兄がふしぎ星を、方法は間違っているが救おうとして、色々な手段を講じるなら、妹も同じように、間違った方法で世界を救おうとしている兄を更正させようと、色々な手段を講じても良いはずだ。
だが、そういう手段を取る事で傷つく人が出てしまう。
実際、ブライトがそういう行動を取ったことで傷ついた人々をアルテッサは見ているはずだ。
ファインとレインは、そんなアルテッサを
レイン「そんな事をしてもし、キャンディちゃんがブウモじゃなかったら、『ごめんなさい』で良いじゃない、とあなたは言うけど、それで本当に良いのかしら?」
ファイン「アルテッサは『ごめんなさい』で済むかもしれないけど、疑われたキャンディちゃんの心は傷つくんじゃないかしら?」
レイン「アルテッサは、人の心を傷つけても平気なの?」
と説教&説得して欲しかった。


残り話数が少なくなってきた。
どういう締め方をするかは想像できないが、出来るだけ良い形で締めて欲しいものだ。

2006/02/24

ノエイン~もうひとりの君へ 第19話

今回はストーリーそのものよりも、ハルカが気にしていた「思い出」が心に残った。
ハルカは、北海道に引っ越す前に一番の仲良しだった友達の事を憶えていたが、肝心の友達の方はハルカの事を忘れていた。
ハルカはショックを受けたが、そのハルカも2年前に亡くなった祖母の事を少しずつ忘れていっている。
自己嫌悪に陥るハルカを、ユウが励ました。自分とハルカ、2人だけの思い出があるじゃないか、と。
ハルカはユウの励ましで元気を取り戻した。



ユウはハルカを励まし、2人は手を繋いで帰った。
夕陽で伸びた影で2人が手を繋いでいる事を表現する所は上手いと思う。


僕は今回のハルカを見て、自分の思い出ってどんなものだったろう?と振り返ってみた。
振り返ってみたものの、小学校時代、中学校時代、高校時代、大学時代と、あまり大した思い出は蘇らなかった。
特に、各時代の友達の事は、正直、忘れてしまった。
正確には、名前くらいは思い出すが、どんな顔だったか、どこに住んでいたか、一緒にどんな事をして遊んだのか、その辺りが思い出せない。
友達関係の思い出が希薄なのは、僕自身が一人で遊ぶ事が多かった事と塾や稽古に通わされていたせいもあるかもしれない。
まあ、思い出といっても楽しい事ばかりではなく、郡山刑事のように、辛い思い出もある。
僕自身の辛い思い出は、幾つかはあるが、これもまた、細かい事は憶えていない。
以前、実家に帰った時、母親に小学校時代に僕が同級生にいじめられていた事を話してくれた。
が、当の本人はこれっぽっちも憶えていない。
(もしかしたら、余りにも酷い体験だったので自ら記憶を封印したのかも知れないが)
思い出を忘れてしまう事は、寂しい事ばかりではなく、辛い思い出を忘れる事で、後ろ向きにならず、前向きに人生を歩む事が出来るのではないだろうか?
今回のノエインを見て、そう思った。

さて、自身で思い出さなければならない事は、前回の最後に書いたことだ。
やはり予想は思いっきり外れていた。
・・・うん、やっぱり辛い思い出や恥ずかしい思い出は忘れるに限る。




こんばんは!4年前のハルカちゃん!




見所


今回の向井ミホ













ところで、今回は何故ミホのスクール水着のカットが無いのだろうか?
製作者に聞いてみたいものだ。

2006/02/23

こてんこてんこ 第21話

今回は、Aパートは感動物語で、Bパートは驚きの展開だった。


Aパートは、男爵のあまりの不甲斐ない姿に大魔王がブチ切れ、男爵を首にしてしまった。
ねこうもりとうるさいぬは、男爵の後釜のズル魔人の手下に無理矢理させられてしまった。



ズル魔人。いかにもズルそうな顔をしている。
ねこうもりはあっさり裏切るが、うるさいぬは男爵とは別れたくないと泣く。


首になった男爵は何故か妖精の国に辿り着き、こてんこからいくつかの職を斡旋される。



妖精の子供たちに本を読み聞かせる。
が、妖精の子供たちは男爵にいたずらをしてばかり。



巻き割り。
どういうわけか、こてんこの頭をカチ割ろうとしているように見える。



男爵は川で洗濯を。
川上から大きな桃がどんぶらこどんぶ(略


真面目に仕事をこなす男爵の後ろで、ズル魔人が天の星を奪った。
後の展開は、これまでの男爵と同じように、てんしんしたまてんこにコテンパンにされる。
ズル魔人はその名の通り、まてんこの相手をねこうもりとうるさいぬに押し付け、自分はこっそり逃げてしまう。



ズル魔人は、まてんこの対応をねこうもりとうるさいぬに任せ、自分は天の星を持ち逃げした。


逃亡するズル魔人だったが、洗濯物を干していた男爵と鉢合う。
そこでズル魔人はねこうもりとうるさいぬをまてんこに押し付け、自分だけ逃げたという。
男爵は嘗ての手下を見捨てたズル魔人に怒り、ズル魔人を殴る。
ズル魔人はまてんこに見つかり、それまでの男爵と同じように、ふっ飛ばされた。



ズル魔人と男爵のクロスカウンター。「あしたのジョー」を思わせる。


ズル魔人がブチ撒けた天の星を拾った男爵は、ねこうもりとうるさいぬに与え、大魔王に渡すように言う。
ねこうもりとうるさいぬは、天の星を持って大魔王に報告をした。
大魔王は男爵の行動を認め、復帰を許した。



大魔王から許された男爵。チーム男爵(?)の復活。


驚いたのは、男爵は意外と真面目に仕事をこなしていたところだ。(結果的に洗濯以外は駄目だったが)
大魔王の手下として働いていた男爵の事だから、宿敵こてんこが与えた仕事を真面目にやるとは思えなかったからだ。
男爵は意外と真面目なヤツなのだと分かった。
男爵は、自分が仕える相手によって、善行や悪行を行うヤツなのだろう。
また、男爵は懐の深い所をも見せている。
裏切ったねこうもりやうるさいぬ(消極的だったが結果的には裏切った)を責めるどころか、天の星を彼等に与え、しかも復帰した時にはねこうもりとうるさい ぬを温かく迎え入れた。
なかなかこうは行かない。男爵は男気のある、本当にイイやつだ。


一方のBパートは、こてんこてんこ始まって以来の、シリアスな話だった。
地の国に天の星と共に落ちたこてんこを巡る、天の国と地の国の戦いがあった。

地の国に落ちたこてんこを、ピックとナッパ、こてんこの兄であるドオンとヴァーが連れ戻しに来る。



お馴染みドオン(左)と久方ぶりに登場するヴァー(右)。
ヴァーと聞くと、どうしても「ヽ('A`)ノヴァー 」を思い出してしまう。
イケメンだけど「ヽ('A`)ノヴァー 」なんだ。


ドオンとヴァーはピックとナッパにこてん号で待機するように言いつけてこてんこを探しに行ってしまう。
ピックとナッパが自分達もこてんこを探そうとしたその時、地の国の化け物に襲われる。
が、寸での所で、黒い翼を持つイケメンに助けられた。



地の国のイケメン、ルー。


その頃、地の国の野菜達の洗礼を受けててんしんしてまてんことなったこてんこは、大魔王が発する電波(?)で正気を失った。
大魔王の所へ向かおうとするまてんこの所に、ドオンとヴァーが止めに来た。



正気を失うまてんこ。ドオンとヴァーが止めに入る。


だが、男爵の攻撃でドオンとヴァーはあっさりやられてしまった。
良いタイミングで割り込んだピックとナッパも、男爵の投網に捕まってしまった。
大魔王の元へふらふらと歩みを進めるまてんこ。
まてんこをもう止める者は居ないのか?
と思った所で、カボチャが転がってきて男爵に当たり、ピックとナッパは逃げ出す事が出来た。



ピックの涙で、まてんこは大魔王からの拘束から逃れる事が出来た。


正気に戻ったまてんこに、エンジェルリングを付けてこてんこに戻した後、こてんこ達は落ちた天の星と一緒に天の国に帰った。
まてんこを逃がしてしまった責任を大魔王に問われる男爵だったが、その実、邪魔をしたのは大魔王の息子であるルーだった。
ルーは、こてんこの兄であり、こてんこをしばらく観察する為にわざと逃がしたのだ。



男爵達の邪魔をして、こてんこ達を逃がしたルー。彼の目的は、本当にこてんこの観察だけなのだろうか?


今回のBパートは本当に面白かった。
新キャラのルーだが、登場の仕方から、彼の行動まで、謎に満ちていていた。
ルーがこてんこを逃がしたのは、本当に観察する為だったのだろうか?
ピックとナッパを逃がす前の、ルーの表情が何とも悩ましげだった。



悩ましげな表情。
地の国の住人ならば、まてんこを迎える事に何ら問題は無いと思うのだが・・・何故だろう?


ルーの登場で、これからのこてんこてんこがますます楽しみになってきた。




見所











天の国のイケメンと地の国のイケメン。





代表的な天の国の住人と、地の国の住人。
どうやら天の国及び地の国は、圧倒的多数の造詣がいい加減な住人と、
一握りのイケメンで成り立っているようだ。

2006/02/18

ふしぎ星の☆ふたご姫 第46話

今回は(も)ブライトの行動が分からなかった。
ブライトは何故、パーティを開こうと思ったのだろうか?
そして何故、自分に敵対するプリンセス達をパーティに呼ぼうと思ったのだろうか?
招待状を出し終えてからのブライトの行動も不可解だ。
自らパーティ会場の飾りつけの準備及び飾りつけ、掃除、料理と、実に細々しく動いている。
ブライトは多重人格者なのだろうか?
前回のように悪知恵を働かせるかと思えば、43話のように、影でこそこそグレイスストーンを掻っ攫おうとしたり、今回のように細々とした作業を行ったりする。
一体、どのブライトが本当のブライトなのだろうか?

また、ブライトがパーティの準備をしている最中は、ファインが喜ぶ姿だけを想像していた。
パーティの準備はどちらかといえば、ファインの為にしたようなものだろう。
好きな人の喜ぶ顔が見たい。
その為にあれこれ準備する姿は素晴らしい。
だが、以前から指摘しているように、ブライトは何故、ファインの事が好きなのだろうか?
ファインのどこに惹かれたのだろうか?
(ファインファンにとっては当たり前の事かも知れないが)可愛い所だろうか?
好き嫌いなく、ご飯を幸せそうにもりもり食べる所だろうか?
いつでも元気いっぱいな所だろうか?
友達想いな所だろうか?
怖がりな所だろうか?
失敗してもめげない所だろうか?
プリンセスらしくない所だろうか?
そこが分からないと、ブライトがファインに拘る行動が理解出来ない。
今回は、それがいつ明らかになるのか、ドキドキしながら見ていたが、結局は明かされないまま、終わってしまった。
ものすごく勿体無い。
折角、ファインと二人きりになれたのだから、そこでブライトは自分がファインの事がどれだけ好きなのかを告白すれば良かったのではないだろうか?
初回から、事あるごとにファインにアプローチしてきたが、その都度レインを身代わりにしたファインを、ブライトはどう思っていたか?
その時の心情を語らせる良いチャンスだったのに。
本当に勿体無い。

ブライトの気持ちを聞いたら、ファインがどう反応するだろう?
レインが居ないから、レインにバトンタッチする事は出来ない。
自分でブライトに対処しなければならないから、かなりオタオタするだろう。
食べ物で誤魔化すかもしれない。
「えっと・・・あー!あのケーキ美味しそう!」
レインを引き合いに出して、ブライトの告白を断るかもしれない。
「えっ?・・・でも、レインに・・・悪いよ・・・」
いや、アルテッサを引き合いに出すかもしれない。
「そんな事より、目を覚まして!アルテッサが悲しんでいるよ!」

それ以外にも色々なリアクションが考えられるだろう。
僕はそんなファインの姿が見たかった。

くどい様だが、本当に勿体無かった。
もう、ブライトのファインへの想いが語られる事は無いまま終わるだろう。
残念な限りだ。

2006/02/17

ノエイン~もうひとりの君へ 第18話

今回は(正確には今回に限らないのだが)クイナの行動が分からなかった。
ラクリマでのノエインとクイナの会話とカラスとクイナの戦いの最中に交わした会話から、クイナはノエインが欲しがっている竜のトルクことハルカを連れてく る事が目的である事が分かった。
クイナの目的は、ラクリマを捨て、シャングリラに行く事だった。
だが、ここで疑問が出てくる。
何故、クイナはシャングリラに行きたいと思ったのだろうか?

確かに、ラクリマの状況は余りにも悲惨だ。
シャングリラからの侵略に怯えて地下で暮らす日々。
侵略者との戦いで竜騎兵も減っていっている事だろう。
暗澹たる未来に絶望するのは想像に難くない。
だが、それはあくまでラクリマの状況を客観的に見た僕が勝手に想像しただけだ。
もしかしたら、クイナは別の思いがあって、それが原因でラクリマを捨てようと思ったのかも知れない。
もしかしたら、僕が想像した通りなのかもしれない。
それまでのクイナの考えが示されていないので、本当の所は分からない。

それに、クイナの台詞を聞いていると、どうも自分ひとりだけをシャングリラに連れて行って欲しいと願っているように聞こえた。
もしそうだとしたら、何故、自分だけシャングリラに連れて行って欲しいと願ったのだろう?
クイナの家族は?
友人は?
ラクリマの住人は?
自分の部下である竜騎兵達は?
ラクリマの住人や竜騎兵達全員は無理にしても、せめてコサギだけでも一緒に、とノエインに乞わなかったのだろうか?
そこは何も表現されていないので、想像出来ない。

何話だったか忘れてしまったが、ノエインとクイナが接触したエピソードがあった。
そこでクイナとノエインの間にどういう会話があったかは分からない。
だが、ノエインとの接触を境に、クイナはシャングリラに行きたいと思うようになったのは確かだ。
決定的な何かがあったと思うのだが、今回のエピソードで回想を入れるなりすれば良かったのではないだろうか?



ノエインとクイナ。
2人は以前にも言葉を交わした事があった。(何話だったか忘れてしまったが)
その時、何を話したのだろう?


あと、気になったのは、アトリがシャングリラからの侵略者の姿を見て、異常なまでの反応を見せた事だ。
バーサーカーモードのアトリに戻ってしまうのだろうか?
ミホとの仲良しっぷりを散々見せ付けられた者としては、バーサーカーモードに戻って欲しくない。
だがその一方で、アトリがバーサーカーモードに戻って、カラスとの激しいバトルがまた見られるのではないか?といった期待も持っている。
恐らく、展開としては後者なのだろう。
そうなった時、ミホはどんな反応を見せるだろう?
あまり想像したくない。



シャングリラからの侵略者の姿を見て、記憶を取り戻しかけている(?)アトリ。
出来れば記憶は取り戻して欲しくない・・・


もう一つ。
結局、今回はハルカの姿が収まっていると思しき8mmビデオを見ることが出来なかった。
次回に持ち越しとなった訳だが、一つ思った事がある。
それは、シャングリラからの侵略者の姿を藤原が携帯のカメラで撮ったにも関わらず、その姿は残っていなかった。
どうもそれが恐らく次回見る事になるだろう、ハルカの8mmビデオの伏線ではないかと、直感的に思ってしまった。
つまり、8mmにはハルカが映っていない・・・
まあ、僕の予想なぞ殆ど外れている(ローゼンメイデン・トロイメントで実証済み)ので、当てにはならないが。



撮ったはずのシャングリラからの侵略者の姿が映っていない。
別次元の存在だから・・・?謎は尽きない。




見所


今回の向井ミホ




















イヤホーイ!今回はミホがいっぱいだ!
今回は髪を下ろした絵もある!
パニくる絵もある!

ヘボット! 第36話「恋のヘラがえしがえしがえし」

またボキャ美が主人公か。こんなサイコ野郎を主人公にしてはいけない! 見所 見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。