2009/10/06

こばと。 第01話

○良かった点
・なし。
 →1話目とは思えない、途中から物語が始まっているかのような話で何だか分からなかった。
  これがガングレイヴみたいに2話目に過去編が始まり、こばとが目的の場所を目指さなければならない理由を丁寧に描いた後、13話目くらいに願いを叶える為に試練を受けに人間界に行く、という展開だったら謝罪する。
  そんな事は絶対と言っても良いほどあり得ないだろうが。
○悪かった点
・こばとが謎のキャラクターな所。
 →必死になって目的を話しているが、その目的自体が謎の為、目的の為に行動するこばとの言動が謎になって最後まで良く分からなかった。
  最初は異世界の人間なのだろうと思ったが、人間界の光景を見ても驚かないし、日本語が読めるようだし、花やボールや牛乳やチョコが何であるかも分かっているし、こばとは一体何者なのだろう?


もう何が何だか分からない。流石は大川脚本。岡田磨里大先生とタメを張れる脚本レベルだ。いや、世界観の大きさと登場人物の数で圧倒的に有利なはずなのにこの難解さ。おめでとう。大川先生は岡田大先生を超えたよ!
とグダグダとどうでも良い事を書き連ねてしまったが結局何が言いたいかと言うと、もう二度と見ない。

ツインエンジェルBREAK 第03話「月夜とハリネズミ」

彼女たちなりに試行錯誤しているのですね。 見所 見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。