2009/10/19

聖剣の刀鍛冶 第03話

○良かった点
・なし。
 →世界設定や小道具の設定ばかり凝っていて、肝心のキャラクターが何を考えて行動しているのかが分からなかった。
○悪かった点
・セシリーのヘタレっぷり。
 →初回でその片鱗を見せていたが、今回の悪魔騒動でセシリーは口先だけの本当にダメな子だという事が分かった。
  もし万が一、次回でセシリーが己が軽く口にしていた「騎士」という言葉の本当の意味を知って恥じ入り、騎士の名に恥じないよう、心身(+装備も。何であんなに軽装なんだ?騎士はセシリーにとってファッションなのか?)ともに鍛錬をする展開になったら、今回のセシリーのヘタレエピソードが生きてくるが、どうなるだろう?
  正直、あまり期待できない。
・騎士が魔剣を護衛する任務。
 →魔剣が人間の姿になるのが当たり前でないとするなら、それ自体が常識外の事(作中の台詞を聞く限りではそうらしい)なので、護衛する必要は無いと思う。
  魔剣自身が考え、行動できるのだから、取引先に自分でとっとと行けばいいじゃないかと思う。
  突っ込んではいけないのだろうが、魔剣は何故人間の姿になったのだろう?それなりに意味はあるのだろうが、この世界での常識外の設定ばかりをばんばか出されるので、もう、何が常識で何が非常識なのかが分からなくなった。


何だか見るのが辛くなってきた。
リサが可愛いのが唯一の救いだが、どこまで持つだろう?

ツインエンジェルBREAK 第03話「月夜とハリネズミ」

彼女たちなりに試行錯誤しているのですね。 見所 見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。