新・三銃士 第05話

○良かった点
・ロシュフォールとベルトランの確執の謎。
 →個人的には、銃士隊再結成よりも2人の間にあった出来事の方がよっぽど気になる。恐らくは元々は同士であったのだけど、何かの事件を切欠に袂を分かつようになったのだろう。それが知りたい。
・ルイ13世のキャラクターを立てた所。
 →幼さ故か、自分の意思を持たない、正に操り人形そのままの国王というキャラクターがいい味を出していた。
・アンヌ王妃の考えを描いた所。
 →王妃もリシュリュー枢機卿と同じく、国の事なんか考えていないだろうという点では変わらない所が良かった。
  国王が大人になって自分の意思を持った時に、彼らをどう断罪するかが楽しみだ。(劇じゃそこまでやらないだろうけど・・・やったらすげえかも。)
○悪かった点
・なし。

このブログの人気の投稿

えりす症候群の「あるばむ」について

えりす症候群で高得点を取るために必要な事

MAR-メルヘヴン- 第100話