聖剣の刀鍛冶 第04話

○良かった点
・なし。
 →セシリーの尤もらしい台詞は軽いし、何だか分からないけどアリアはセシリーに仕えちゃうし、リサの出番は少ないし、どうにも良い所が見つからない。
○悪かった点
・ルークがセシリーに協力した所。
 →セシリーが体を張ってアリアを取り返そうと、灼熱のアクマに何度も挑んでいったらルークが助けても良いが、セシリーは何もやってない、ただ口で「ワタシナンデモシマス」と言っただけで助けるなんて、どれだけルークはお人好しなのだろうか?
  そうか!この作品はルークのお人好しがテーマになっているのか。そう思えば今までの事も納得できる!
・魔剣についての思想が見えてこない所。
 →魔剣が存在しても良いけど、人々は魔剣自体をどう思っているのだろう?
  あんな事件を引き起こしたのだから、少なくともアリアは貿易都市から追放しようとする動きが次回あたりから出てきてもおかしくないと思う。
  だって、アクマを呼び寄せる不吉な剣だよ?魔剣のせいで何人が犠牲になった?おいらだったら間違いなく「この街から出て行け!」「魔剣なんか壊しちゃえ!」という気持ちになる。
  もしそれをスルーしたら、いかなおいらでもリサだけで見続けるのは難しいよ?

このブログの人気の投稿

えりす症候群の「あるばむ」について

えりす症候群で高得点を取るために必要な事

MAR-メルヘヴン- 第100話