2013/10/04

アウトブレイク・カンパニー 第01話「気が付けば異世界」

○良かった点
・なし。
 →原作小説の読者層に合わせた主人公設定は分かるけど、異世界へコンテンツを売り出すセールスマンとしての役割には無理があったと思う。滅茶苦茶になるのは面白いっちゃあ面白いけど。
○悪かった点
・中途半端な設定。
 →自衛隊とか国が関与している割には異世界との交渉役をアニメやエロゲ好きの高校生?に任せる設定のちぐはぐさには違和感がある。
  主人公を主軸に置くなら、自衛隊とか国なんか要らないから、主人公が異世界へ日本のアニメやエロゲなんかを勝手に広げて異世界にヘンな価値観を植え付けちゃうギャグにすればいいと思うし、自衛隊とか国が絡むなら、ちゃんとした広報の人を主人公にして、どうやったら異世界の人間に日本のアニメやエロゲ(は無理か)を売り込めるのかを考えるアニメにした方が面白いと思う。
  後者なんて、今日本が推進しようとしているクールジャパン構想とリンクするだろうから、原作者が思うクールジャパン戦略の披露としてはアリではないかと思う(当然、ご都合主義になってしまうのだろうけど)。
  ああ、そういえば異世界(この場合は異星人)に悪しき文化を植え付けて星を滅亡に導いた漫画があったね。火の鳥何編だったかな?あれは端的にすごくまとまっていたね。
  ああいう感じでできたら面白いよね。


中途半端にリアルな設定が無ければ着いていきやすかったかも。

妖怪ウォッチ 第188話「妖怪黄ばんドール」

黄ばみはなかなか取れないからね。厳しいね。 見所 見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。