新・三銃士 第20話

○良かった点
・逆転劇。
 →前回でも逆転劇で十分に盛り上げたのに、ここでもこれでもかとばかりに盛り上げてくれた。
  引き伸ばしだと分かっていてもハラハラさせられた。
・枢機卿側の醜い内輪もめ。
 →ミレディも枢機卿もどっちもどっちな対応で面白かった。信頼関係が銃士側と対比されていた所も良かった。
・枢機卿とミレディがダルタニアンを標的にする展開。
 →主人公がダルタニアンだからそうなるのも当然なのだが、それを分かった上でも面白かった。
○悪かった点
・なし。
 →次回からの新シリーズが楽しみだ。

このブログの人気の投稿

えりす症候群の「あるばむ」について

えりす症候群で高得点を取るために必要な事

MAR-メルヘヴン- 第100話