2010/01/12

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第02話

○良かった点
・国旗に敬礼した所。
 →軍人ならば当たり前の事なのだが、そこをカットせず描写したのは良かったと思う。
  それだけに、今回の下らないお化け騒動エピソードにはがっかりするどころか腹が立った。
○悪かった点
・1121部隊が駐屯している施設を1121部隊員の誰も把握していなかった所。
 →唯は仕方が無いとして、仮に唯以外の1121部隊の隊員が揃って一週間前に赴任してきたというなら施設の事を把握していないのも仕方が無い(随分と広そうだし)が、初回の澪と楽器整備士との会話を聞く限り、少なくとも一週間以上は駐屯していると思われる。
  駐屯する以上は、部隊の安全を図る意味でも、施設の把握くらいはしているものではないだろうか?
・1121部隊が国境最前線に駐屯している所。
 →逆に、お荷物部隊である(といわれている)1121部隊が駐屯しているくらい平和とも言えるのだろうが、むしろそういうお荷物連中は危険の少ない本国の首都で本部施設の見回りくらいの役しか与えられないか、最前線に投入してとっとと死んでもらうか、とっとと除隊して辺鄙な田舎で農業でも営んでいる男とくっ付けて家を守らせた方が国の為になると思うのだが、どうして彼女等は軍人という立場で未だに生かされているのかが理解出来ない。
・紬が頭を抱えていたシーン。
 →結局何故頭を抱えていたのかが分からなかった。財政難でもなさそうだったし、何だったのだろう?
・喇叭の特訓シーンが無かった所。
 →お化け騒動なんてクソの役にも立たないエピソードを描くくらいなら、唯が一人前の喇叭手になるように澪が唯をビシバシ鍛えるシーンを入れて欲しかった。というより入れるべき。
・1121部隊に対する評判が描かれていなかった所。
 →梓がわざわざ説明していたが、そんな説明を入れるより初回のアバンで、唯が赴任先を聞かれ、1121部隊と答えた時に他の隊員に小馬鹿にされるシーンとか、唯を送ってくれたおっさん上官が憐憫の目で唯を見るようなシーンがあれば良かったと思う。
・1121部隊が駐屯している施設がどこの国のものなのかが分からなかった所。
 →自国の施設なら教科書に書かれた文字が読めないのはおかしいし、敵国のものだったら戦争被害に遭っている唯が負の反応を見せないのはおかしいと思う。


※キャラクターデザインが「けいおん!」に酷似している為、この感想を読んでいただいている方が理解しやすいように敢えて「けいおん!」の登場人物の名前を当てはめています。本当の名前はアニメのキャストテロップを見るか、公式サイトに行って確認して下さい。


見切るつもりでいたが、叩く目的で見続ける事にした。これからは基本的に良かった点は「なし」にしたい。
もし仮に(まずあり得ない事だろうが)戦争状態になったりしたらこの作品を見直すかもしれない。

ベイブレードバースト 第45話「スプリガンVSワイバーン!」

シュウくんとワキヤくんの闘いは熱かったですね。 見所 見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。