はなまる幼稚園 第01話

※Aパートのみ視聴したので、Aパートのみの感想になります。


○良かった点
・なし。
 →設定だけの、可愛いだけキャラクターだけで構成される話は見飽きた。それらのその先にある人間ドラマを見せる作品が見たい。
○悪かった点
・物語を杏目線で始めなかった所。
 →恐らく多分、主人公は杏と土田なのだろうが、どちらかと言えば杏の方が主役だと思われる。(土田が主人公なら杏目線にする必要なんてこれっぽっちも無い。土田目線で幼稚園の様子や園児達を描けば良いのだから)
  そう考えると、最初に描くべきは杏が入園式に出かける前の様子で、杏が幼稚園に対してどんな思いでいるのか、両親との関係、杏の思想(恋愛ドラマが好きならその根拠となるもの)等々だと思う。
  その上で土田とのエピソードを描けば良かったと思う。
・杏を含む園児達の言葉遣い。
 →予想はしていたが、3~4歳児とは思えない口調で一気に萎えた。
  現実をベースにしたファンタジーでも、個人的にこれは許容できない。
  園児でこういう言葉遣いが許されるのは初回からキャラクターを丁寧に立てたクレヨンしんちゃんに出てくる園児くらいなものだ。
  杏のキャラクターを立ててくれれば、少なくとも杏の口調は不自然に感じなかったかも知れない。
・杏が木登りをした所。
 →やりたい事は理解出来るが、リアリティの無いエピソードは入れるべきではないと思う。
・土田が杏を叱らなかった所。
 →土田が杏を叱れば、土田が設定(口だけの子供好き&保育士)だけのキャラクターじゃなくなる上に、杏が土田にベタ惚れ&園児達の尊敬を集める&父兄の信頼を得る展開に出来たのに、もったいない。


視聴前に公式サイトで初回のあらすじを読んだのだが、まさか土田目線で物語を始めたりしないよね?そうしたらダメなんだけどなぁと思っていたが、懸念が当たってしまった。
ある意味期待通りの展開で、却ってスッパリ切る決心がついた。
もう二度と見ない。

このブログの人気の投稿

えりす症候群の「あるばむ」について

えりす症候群で高得点を取るために必要な事

MAR-メルヘヴン- 第100話