2012/01/31

プリティーリズム オーロラドリーム 第42話「りずむとそなた、運命の再会」

○良かった点
・あずにゃんのショー。
 →レイプ目あずにゃんのプリズムショーのシーンが良かった。
  でもどうせなら、あいらとりずむのプリズムジャンプをパクるだけじゃなく、それをより良くアレンジしたジャンプを見せてほしかった。
  おそらくたぶん、あずにゃんは天才という設定だろうから「アマデウス」のサリエリとモーツァルトの関係みたいに、サリエリが作曲した曲をモーツァルトがそれを遥かに上回る良曲に仕上げるエピソードをまんまやれば良かったのに。
○悪かった点
・世代を超えた闘争。
 →しつこいようだけど、阿世知今日子と神埼そなたの因縁から始まった物語なのだから、そこから始めるべきだった。
  途中途中、ダイジェストな回想を入れられてもピンと来ないし、感情移入すらできない。
  そんな物語の、何が面白いのか?

メタルファイト ベイブレード 4D 第43話「失われた王国」

○良かった点
・ソルブレイズな展開。
 →どこぞのベーゴマアニメの劇場版な展開にちょっと既視感を感じたけど、大道寺さんのお陰で劇場版じゃないって認識できたよ!
○悪かった点
・なし。
 →ケンタくんが活躍できるかもしれないと思うと、オラワクワクしてきたぞ!

BRAVE10 第03話「旋風の谷」

○良かった点
・伊佐那海のリョナシーン。
 →別に伊佐那海の事が嫌いという訳じゃないけど、ボコられる姿を見て、ちょっと興奮してしまった。
○悪かった点
・伊佐那海に悲壮感が漂っていない所。
 →気を張って明るく振舞っているのかもしれないけど、こうも明るいと育ての親たる神主?とか巫女仲間なんてどうでも良かったのかと思ってしまう。

ペルソナ4 第16話「Although the Case Was Closed」

○良かった点
・事件が解決していなかった所。
 →やっぱり思った通りクマー。でも、自分でまちがってましたごめんなさいしちゃったからもう勝ち誇れないYO!
  くそう早まったぜ!
○悪かった点
・白鐘の設定。
 →白鐘のシャドウの説明で白鐘の設定は分かったけど、捻りすぎだと思った。
  白鐘のシャドウが全て説明したと仮定すると、白鐘が男装する意味がない。おそらくたぶん、男装する意味も次回説明してくれるのだろうけど、説明するなら男装の方からやってほしかった。

クロスファイト ビーダマン 第17話「これがブレイクボンバー!?」

○良かった点
・カケルがシュモンに負けた所。
 →いつの間にか入っていた新キャラの思惑通りに行かない展開になって面白かった。
  でも、次回予告を見るとシュモンが遠征に参加できないっぽい感じで・・・
  それだけはやめてくれよ!シュモンが活躍するんじゃないかと期待させておいてコテンパンにやられて涙目になるのを見たいんだから!
○悪かった点
・なし。
 →ダッセえバックル付けた変態軍団の一人にエロさんが負けてちょっと興奮してしまったのはここだけの話だ。


見所









見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。

2012/01/30

ジュエルペット サンシャイン 第43話「ひなたの夢がイェイッ!」

○良かった点
・なし。
 →ルビーの暴走がジュエルランド防衛じゃなくて学園防衛に変わってるし、ひなたの夢がいつの間にか入れ替わってるし、女子寮があっさり修復しちゃう(修復しなかったら、男子寮に同居するネタできたのに。特に風呂や着替えやトイレ的なイベントとか、ね?いやべつにひなたさんの入浴や着替えやしっこやんちの音を聞きたい訳じゃないんだからね!)しで面白くなかった。
○悪かった点
・ひなたの夢がいつの間にか変わっていた所。
 →根拠は示されていたようだけど、それがどうして消防士を目指す事に繋がるのか、全く理解できなかった。
  ひなたの夢が決まっていないならまだしも、保育士を目指す、という夢があるのだから、無理矢理ひなたの夢を変更するエピソードにしなければいいのに。
  そうする意味が分からない。


見所







ロリひなたさん
まったくけしからんですな。スココココ



戦隊モノひなたさんと残念な人
ままままままったくけけけけけけけしからんですなななななななななな。スココココココココココココココココココココココココココココココココココココココココココココココココピュココココココココココココココココココココココココココココココココココココココココココココココココココココココココピュピュ(c)ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!コココココココココココココココココココココココココココココココココココココ

スイートプリキュア♪ 第48話「ラララ~♪世界に響け、幸福のメロディニャ!」

○良かった点
・ハミィの重要性を再認識させた所。
 →そういえば、幸せのメロディを歌うのはハミィだったね。すっかり忘れていたよ。
  ところで、ここ1ヶ月、スイートプリキュアを見た記憶が無いんだ。何があったの?
  何か終わってるんだけど。
  あ、来週からスマイルプリキュア!が始まるのか。
  全員小学生のプリキュアか。斬新ですな。
  え?小学生じゃないの?プリキュア5と同じ?
  えー・・・がっかり・・・
○悪かった点
・なし。
 →何だかよく分からないけど、ばいきんまんを更正させた上に、受け入れる懐の深さを見せ付けたプリキュアさんは神様のようなお人やでぇ。

テルマエ・ロマエ 第03話「湯のちから・前篇/後篇」

○良かった点
・なし。
 →結局、ルシウスが未来の風呂技術や日本文化を劣化コピーして、美味しい思いをして幸せになりましたとさ、おしまい。だった。
  そういうストーリー展開の、どこが面白いというのだろう?
  脚本家はもとより、製作陣は脚本に疑問を持たなかったのだろうか?
○悪かった点
・なし。
 →上記の通り。

2012/01/27

探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第04話「ミルキィホームズの寝相」

○良かった点
・小ネタ。
 →夢ネタとか、寝る前にゲームするとか、ヘンテコな夢や間違った努力姿勢とか、ミルキィホームズらしくて面白かった。
○悪かった点
・寝相解消ネタ一本でなかった所。
 →ある程度全体のストーリーをこなさなければいけないのは理解できるけど、個人的にはアンリエット会長に怒られたので、寝相をなんとかしよう、ネタ一本でやって欲しかった。
  まあ要するにだ。ミルキィホームズの可愛いパジャマ姿や大口開けてよだれ垂らして夢の中な寝顔を多く見たかったのだよ明智くん!


見所


ネロのコーデリアさんぺろぺろかシャロの鼻フックか迷ったんだけど、シャロのにしました。









見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。

2012/01/25

ちはやふる 第16話「おぐらやま」

○良かった点
・小ネタ。
 →小ネタ全てが面白かった。四字熟語は特に。
  ところで、個人的には奏ちゃんとつきあいたいです。いやべつにおっぱいがおっきいからだけじゃないよ?
○悪かった点
・なし。
 →総集編かぁ、とちょっとがっかりしたけど、小ネタで十分に楽しませてもらった。
  にくまんくんのお姉ちゃんも結構可愛かったし。

2012/01/23

ちび☆デビ! 第12話「嵐のおゆうぎ会!」

○良かった点
・なし。
 →真が良い事を言っていたのに、演奏でオタオタしていたのが残念だった。
  ズレていようとええがなええがな、まおちゃん上手いぞと応援するくらいやって欲しかった。
○悪かった点
・しおりが感謝した所。
 →ライがまおに合わせた事でしおりが全てを悟ってほのかに感謝していたけど、納得できなかった。
  こういう解決方法を取るなら、初めからしおりをケンカ腰にしなければ良かったのに。

2012/01/22

遊戯王ZEXAL 第39話「宿命の対決!キャットちゃんvsドッグちゃん」

○良かった点
・キャットちゃんの説教。
 →ぼっち部分はちょっと説得力に欠けていたけど、キャットビングで友達増えたよ!は説得力があった。
○悪かった点
・なし。
 →キャットちゃんが脱落してちょっとがっかり。


見所









見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。

BRAVE10 第02話「闇と光」

○良かった点
・伊佐那海の斬新な舞への突込みがあった所。
 →伊佐那海の舞の斬新ぷりに突っ込みたくなったけど、幸村が突っ込んでくれたお陰で伊佐那海の舞があの世界でも普通でない事がわかって安心した。
  できれば、衣装についての突っ込みも欲しかったけど。何でスパッツ履いてるんだ?とか。
  まあ、アナスタシアがいる時点で突っ込むのも野暮ってもんだけどね。
○悪かった点
・伊佐那海の才蔵への異常なまでの懐きっぷり。
 →2人の道中が描かれていないので、伊佐那海の才蔵への懐きっぷりに違和感があった。
  よし、道中伊佐那海がションベンしている所に家康の刺客達がやってきて才蔵が救ったのは良いのだけど、伊佐那海の尿やらまんまんやらをバッチリみちゃったとか、伊佐那海が野グソをしている所に家康の(以下中略)なんかがあって、あんな恥ずかしい所見られちゃった以上、セキニン取ってよね、的な感じで才蔵に懐いたに違いない。
  そうでも思わないと筋が通らんよ。まんまんだけに。
・才蔵とアナスタシアの主君に仕える論。
 →2人で主君に仕えるのどうの言っていたけど、こちらもピンと来なかった。
  主君に仕える事がどういう事なのか、これから描くのだろうけど、才蔵が主君に仕える者を犬呼ばわりしただけに、才蔵がどうして主君に仕える者を犬と思うのかを描いて欲しかった。
  幸村に仕えるうちに、思想が変わっていくだろうから。


見所









見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。

ペルソナ4 第15話「The Long-Awaited School Trip」

○良かった点
・小ネタ。
 →ラブホネタでジャブを打たれ、王様ゲームでノックアウトされた。
○悪かった点
・なし。
 →TV事件が終わってダレるかと思ったけど、そんな事はなかったぜ!

プリティーリズム オーロラドリーム 第41話「ピュアプレミアムウェデイングの願い」

○良かった点
・なし。
 →社長の過去をダイジェストで見せられてもピンと来ない。むしろこのダイジェストをメインストーリーにした方が良かったのではないかと思った。
○悪かった点
・社長の過去話。
 →こんな重い話を持ってくるなら、阿世知今日子を主人公としたストーリーを2クール使って描いて、残り2クールを阿世知今日子が後継者として見込んだ春音あいらを主人公にした物語にした方が良かったと思う。
  ダイジェストじゃ何も伝わらないし、あいらが社長の為にショーに出た気持ちが理解出来ない。
  何故こういう重い話を設定としてしか扱わないか、理解できない。
  ダイジェストにするなら、そういう設定を入れるべきじゃないと思う。

2012/01/21

2012年冬の新作アニメ

2012年1月以降に放映される予定の関東地方の某県某市で視聴可能なアニメを列挙する。
情報が更新されたら、こちらも更新する予定。
尚、元から見る気が無い新作アニメについては記述しない。


タイトル/放送日/放送時間/放送局


2012年1月放送予定
パパのいうことを聞きなさい!/01/13(金)/23:00/BS11
モーレツ宇宙海賊/01/13(金)/23:30/BS11
BRAVE10/01/13(金)/24:00/BS11
妖狐×僕SS/01/13(金)/26:25/TBS


ハイスクールD×D/01/14(土)/24:30/BS11


妖狐×僕SS/01/21(土)/24:30/BS-TBS


2012年2月放送予定
ブラック★ロックシューター/02/02(木)/24:45/フジテレビ
キルミーベイベー/02/04(土)/25:00/BS-TBS
スマイルプリキュア!/02/0(日)/08:30/テレビ朝日

2012/01/20

探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第03話「ハッケイ島綺譚」

○良かった点
・小ネタ。
 →八景島に渡るのに泥舟に乗っちゃうとか、ナマコ地獄でコーデリアが覚醒しちゃうとか、囚人脱走させてヨコハマをエラい目に遭わせちゃうとか、ココロちゃんのIQ14万(あれ?13兆じゃなかったっけ?)とか、しょうもない小ネタに笑わせてもらった。
○悪かった点
・なし。
 →相変わらず、間違った方向に突き進んで自分のみならず、周りにも迷惑をかけるミルキィホームズの面々に笑わせてもらった。


見所









見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。

テルマエ・ロマエ 第02話「サンプーハット/皇帝の憂鬱」

○良かった点
・なし。
 →時間の都合もあるのだろうけど、風呂の蓋を、一発で湯が冷めないようにする為の道具と見抜いたルシウスの勘が良すぎて萎えた。
  ジュースの蓋のように、湯をこぼさない為、という風にどうして考えないのだろう?
  フルーツ牛乳を知っているルシウスなら、真っ先にそれを連想すると思ったのだけど・・・
○悪かった点
・なし。
 →設定は面白いのに、ルシウスがすぐに答えに辿り着いてしまうので、異文化コミュニケーションの面白さが感じられない。
  逆に、ルシウスが持っている古代ローマ人の知恵を、現代日本に持ち込むくらいの発想があれば面白かったのに。

2012/01/18

ちはやふる 第15話「つらぬきとめぬたまそちりける」

○良かった点
・若宮が千早をライバル視しだした所。
 →絶対王者が、足元にも及ばないと鼻で笑っていた下っ端に、圧勝したとはいえ先に取られてしまった屈辱は耐えがたいものがあるだろうと想像に難くない。
  ライオンはウサギを狩るのに~じゃないけど、若宮が千早と次に対戦する時、全力で来ることは間違いないだろうから、それが楽しみだ。
○悪かった点
・なし。
 →今回は太一と西田に感情移入しまくってしまった。準優勝の悔しさもさることながら、太一の、まだ青春全てを賭けきってカルタに取り組んでいないのに、泣くのはおこがましい、という心意気にも心打たれた。

遊戯王ZEXAL 第38話「希望をつなげ!ホープ剣マーズ・スラッシュ!!」

○良かった点
・徳之助が痛い目に遭った所。
 →騙した奴らにハートピースを奪い返され、更に自分のハートピースまで奪われてWDC失格となるオチが良かった。
  悪い事をしたら、必ず最後は痛い目に遭う、という王道が良かった。
○悪かった点
・なし。
 →福嶋先生はどうしちゃったんですか?ふたご姫の頃は目を覆わんばかりのダメダメ脚本家だったのに。
  良い脚本を書くようになって、嬉しいような悲しいような・・・

ちび☆デビ! 第11話「みんなのおゆうぎ会?」

○良かった点
・真の一言。
 →まおが楽しんでおゆうぎをする事が一番じゃないか、という一言が良かった。
  その点は個人的にも同じように思っていたので。
○悪かった点
・しおりと仲良くする手段。
 →ライを使って、という手段は最後に取って置いて、それまでにほのかがしおりと打ち解けようと頑張る姿を描いて欲しかった。

ハイスクールD×D 第01話「彼女、できました!」

冒頭の、あまりの口説明にうんざりして開始3分くらいで見るのを止めたので、そこまでの感想を。


○良かった点
・なし。
 →エロがテーマで、確かにエロいカットはあるのだけど、あの冒頭の口説明は酷すぎる。
  エロい一枚絵に小説風説明文を付けたイラスト集で十分。
○悪かった点
・口説明。
 →不愉快だから本当に止めて欲しい。OVAか、エロアニメで出してくれた方が良いよ。

プリティーリズム オーロラドリーム 第40話「それぞれの決意」

○良かった点
・みおんが脱退した所。
 →展開的にちょっと盛り上がった。徐々にあいら、りずむ、みおん三者が個人で競い合うだろうから。
○悪かった点
・現クイーンのショー演出。
 →いくら1回こっきりだからって、あの演出は酷いとしか言い様がない。
  まあ、視聴者的にみおんの勝利が分かりやすいからなんだろうけど。にしてもあんまりだ。

妖狐×僕SS 第01話「いぬとぼく」

開始30秒程で見切ったので、そこまでの感想を。


○良かった点
・なし。
 →あのキャッチーな台詞は番宣だけだと思っていたのに、まさか本編で使うとは。
  それを聞いて、ズッコケちゃったよ。
○悪かった点
・キャラクター設定をモノローグで説明した所。
 →「僕には悪癖がある~~」を聴いた瞬間、ダメだと確信した。モノローグで説明するなら、アニメという手法を使う必要なんて無いよ。
  紙に書いて印刷して、読者に読んでもらえばいいよ。声は読者の脳内ベストキャストに言わせればいいから。
  どうして、主人公の悪癖をエピソードで何度も描いて視聴者にそれが主人公の悪癖だと理解させる作りにしないのだろう?
  作者もしくは脚本家はそういう表現が出来ないほど無能なのだろうか?

ペルソナ4 第13話「A Stomy Summer Vacation 2/2」

○良かった点
・鳴上の行動を全て見せた所。
 →所々、シナリオ都合なシーンや鳴上の言動があったけど、全体を通したエピソードが良く、素直に感動した。
○悪かった点
・なし。
 →クマの着ぐるみのシーンや川の主シーンには笑わせてもらったけど、それ以外は鳴上が体を張って他人の為に動く姿に好感が持てた。

BRAVE10 第01話「運命のふたり」

○良かった点
・霧隠才蔵目線で話を進めた所。
 →才蔵目線を外さずに物語を進めてくれたお陰で、伊佐那海が抱える謎を客観的に見る事ができて、物語に入り込めた。
○悪かった点
・伊佐那海の気持ちが理解出来なかった所。
 →協力してくれない真田幸村に対して、皆殺しされて一人ぼっちで辛い思いをしてここまで来たのに、と泣き崩れていたけど、出雲での巫女生活を描いていないので、真田幸村に邪険にされた伊佐那海の辛さ悲しさが今一つ、伝わらなかった。
  2~3話使って霧隠才蔵と旅をして、その道中で伊佐那海が身の上話をしてくれれば伊佐那海に感情移入できたと思う。


新作が外れ続きだったので、スマイルプリキュアに期待していた所、見続けられる作品が現れて良かった。


見所



鎖緊縛伊佐那海さん
これはエロい。思わず声を上げてしまったよ。

モーレツ宇宙海賊 第01話「海賊、罷り通る」

○良かった点
・なし。
 →謎の人物目線からストーリーが始まって、主人公らしき人物の説明をし始めたけど、何がすごいのか、さっぱり理解できないまま、話が進んで、話が頭に入らないまま、EDを迎えていた。
  ルパン三世カリオストロ城のラストシーンの銭形警部の名台詞のパロディが頭の中でこだました。
○悪かった点
・謎の人物目線から物語を始めた所。
 →連中が何者か分からないまま、したり顔で主人公の行動をあれこれ分析・賞賛していたけど、何が何だか、さっぱり理解できなかった。
  何せ、何を言っているのか分からないのだもの。連中の声の感情から、主人公の事を賞賛している事は分かったけど。
・目線がコロコロ切り替わった所。
 →謎の人物目線かと思ったら、主人公に移って、かと思えば主人公の母親、かと思えば栗山千明のパロディキャラ目線になっていて非常に混乱した。
  上手い人がやるならまだしも、下手糞な人が目線をコロコロ切り替える構成にしても物語に入り込めないだけ。
  何故、茉莉香目線固定でストーリーを進めなかったのだろう?


無駄に声優が豪華みたいだけど、そっちより本編の作りの方の出来に力を注ぐべきだったと思った。

パパのいうことを聞きなさい! 第01話「パパと呼ばないで」

部室でのやり取りの後、主人公と何とかがベンチで話をしているシーンで見切ったので、そこまでの感想を。


○良かった点
・なし。
 →主人公のキャラクターは立っていないし、美人?先輩の言動はエヴァ以降増えた綾波モドキから脱していないうえに魅力がないし、デ部長?も言動がただおかしいだけだし、全く、続きが気にならなかった。
  何故こんな掴みにしようとしたのか、理解に苦しむ。
○悪かった点
・主人公のキャラクターを立てずにストーリーを進めた所。
 →大学に入って新入生勧誘?と思ったら新歓コンパになっていて、かと思えばお前は美人?先輩をレイプした。責任を取れ、なんて言われて、訳が分からなかった。
  あ、訳が分からないという点においては主人公に感情移入できたわ。それ以外はダメダメだったけど。
・サブタイトル。
 →このサブタイトルを付けようと思った奴、OK出した奴は、石立鉄男や杉田かおる、ユニオン映画に土下座するべきだ。
  名作を汚すな。まったくもって不愉快なり。


たぶん、この後何やかやあって、3人の幼女と暮らすみたいだけど、だったら、初回は3人の幼女とのハレム生活を描いた方が掴みとしてはOKなんじゃないかと思った。

2012/01/13

探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第02話「ナイスなすし」

○良かった点
・ネロが痛い目に遭った所。
 →最後にネロがエリーに促されて1000万円の小切手をすし屋の大将にあげちゃうのはシナリオ都合でネロを動かした感があって、ちょっと残念だった。
  けど、自分じゃ働きもせずにおいしい思いをしようとした(あ、でも寿司で美味しい思いをしたか)ネロが痛い目に遭ったのは良かった。
・チキンネタ。
 →可愛がってたサボテンが丸焼け(あれ、演出だと思ってたよ。)になったのに、おいしいおいしいって食べちゃうネタを見て、ビートたけしの姉のエピソードを思い出した。
○悪かった点
・なし。
 →探偵としての使命を思い出したのに、トイズを失って、しかも学園が存亡の危機に瀕するというズンドコな状態からのスタートは面白そうだ。


見所









見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。

テルマエ・ロマエ 第01話「時をかけるローマ人/白鳥の湖」

○良かった点
・アイデア。
 →古代ローマ人が、現代日本の公衆浴場文化に触れたら?というアイデアがユニークで面白かった。
○悪かった点
・説明不足。
 →ルシウスが何者か分からない状態でストーリーが進んで、後になってルシウスが何者なのかが理解できたが、最初に説明を入れて欲しかった。
  あと、古代ローマ時代の文化や風俗の説明が無かったので、何が古代ローマ時代にあったものなのか、ギャグなのかが判断できなかった。
・ルシウスの言動。
 →ルシウスがどういう立場の人間で、ルシウスはローマ市民に対して、奴隷に対してどんな風に思っているのか、を全く描かないままストーリーを進めてしまったので、ルシウスの言動にいちいち引っかかってしまった。
  どうして馴れ馴れしくする平面顔の奴隷が差し出す飲み物を飲むのか、全く理解出来ない。
  どうして映画のポスターを見て、それが宣伝目的である事が理解できたのか、全く理解できない。どうして肖像画と思ったり、全く動かない人間が居ると思ったり、随分と小さな人間がいるものだ。流石は平面顔の国、と思ったりしなかったのだろう?

あの夏で待ってる 第01話「困ります、先輩。」

Aパートの途中で見切ったので、そこまでの感想を。


○良かった点
・海人の家族描写。
 →モノローグによる両親が幼い頃に亡くなった~云々の口説明がちょっと残念だったけど、そこ以外は自然な描写で好感が持てた。
○悪かった点
・檸檬の言動。
 →痛いキャラクターとして描いているのかもしれないけど、別のアニメ作品から紛れ込んできたような違和感があって、それまで少々の不安を抱えつつも見ていられた気持ちが急に冷めてしまった。
・唐突なイチカ目線。
 →海人目線から始めていて、イチカを謎の人物として描写していたのに、急にイチカ目線になって、非常に混乱した。
  2人主人公作品なのだろうけど、海人目線でイチカのキャラクターを立ててから目線をイチカに切り替えてほしかった。

ちはやふる 第14話「はなよりほかにしるひともなし」

○良かった点
・千早VS若宮戦。
 →甘糟をコテンパンにのすだけでも若宮の強さは理解できるが、千早戦でその強さを更に見せ付けていて、バケモノ以外の言葉が見つからなかった。
  天才としか言い様が無いでしょ。ファッションセンスはアレだけど。
○悪かった点
・なし。
 →最初から最後まで、集中して楽しめた。こういう面白い作品があるから、アニメは見るのを辞められない。


見所



対戦相手ちゃん
個人的に好みです。やあらかそうで。

ちび☆デビ! 第10話「楽しいおゆうぎ会?」

○良かった点
・しおりと夏季の対立。
 →思想(子育ての方針など)の対立でなかったのは残念だったが、対立があると盛り上がる。
  ほのかはどう収めるのだろう?
○悪かった点
・しおりと夏季の対立。
 →対立自体は面白いのだけど、2人の関係も碌に描いていないのに、対立場面を見せられてもピンと来ない。
  しおりか夏季、どちらかを先に登場させて、ほのかとの関係を構築した後、もう一人を出した方が良かったと思う。

2012/01/08

キルミーベイベー 第01話「いぬをしのびてさくらさく」

Aパートの途中で見切ったのでそこまでの感想を。


○良かった点
・ソーニャとやすなで小ネタをやった所。
 →アホみたいに4~5人出すものと思っていたので、とりあえずは2人の設定は分かった。
  ネタはアホほどつまらないけど。
○悪かった点
・ソーニャの設定。
 →ネタにソーニャの殺し屋という設定が全く生きていなくて、ソーニャが殺し屋である必要性が全く感じられなかった。
  何で殺し屋という事がやすな(もしかしてクラスメイトにも?)にバレているのか、何で正体がバレていても平気なのか、どうして暢気に学校に通っているのか、さっぱり理解出来なかった。(どうしてやすなにバレたのかは後でやるのだろうけど)
  ソーニャの設定は殺し屋じゃなくて、殺し屋家業に憧れかぶれている中二病患者としておけば良かったのではないかと。


この作品、単行本のおまけOVAで出せば良かったんじゃないかと思った。
これに時間と金を割くのは実にもったいない。フロッグマンに頼んで、FLASHアニメにすれば良かったんじゃないの?

2012/01/07

プリティーリズム オーロラドリーム 第39話「新春特番・プリズムショーの魅力に迫る!」

○良かった点
・演出。
 →キャラクター紹介と今後の展開紹介ネタだったけど、MAR'sにインタビューする演出は面白かった。
○悪かった点
・なし。
 →個人的には大江アナに出て欲しかったです。モヤさま2でお馴染みなんで。あ、でも最近見てないや。地デジ7ch映らないんで。ちくしょう。

ペルソナ4 第13話「A Stomy Summer Vacation 1/2」

○良かった点
・鳴上の謎の行動。
 →鳴上の言動が謎で、菜々子に感情移入できた。ラストシーンの感動はいまひとつだけど、次回は鳴上目線で物語を進めてくれるようなので、それを見れば、今回のラストシーンは感動できるに違いない。
○悪かった点
・なし。
 →ラブリーンはどうみてもミルキィホームズのシャロです。本当にありがとうございました。ブルマ!

2012/01/06

探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第01話「野菜の果て」

○良かった点
・ミルキィホームズのダメダメダメダメダメダメダメダメっぷり。
 →連中のダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメダメっぷりに拍車がかかっていて面白かった。なんで漢字読めないんだよ。
  ただ、自足自給に目覚めたという点においては、以前のミルキィホームズには考えられなかった行動なので、彼女達が成長していることにちょっと驚いた。
・トイズ覚醒のタイミング。
 →探偵として働く時でなく、自分達の農地を荒らされた怒りで覚醒する設定が面白かった。
  いかにも彼女ららしい覚醒の仕方だった。
・寝巻き姿と作業着。
 →パジャマや私服・制服でなく露出の多い体操服にしたのは大正解!非常に良いです!!
○悪かった点
・なし。
 →2期はどうなるものかと心配していたが、掴みとしてはOKだったと思う。
  あとはどう盛り上げてくれるか。まずは次回に期待。


見所









見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。

2012/01/05

ちはやふる 第13話「きみがため」

○良かった点
・新の過去エピソード。
 →新のおじいさんが亡くなったのを切欠に、カルタを辞めた事は以前のエピソードで知っていたが、その詳細が描かれていて、新がカルタを辞める気持ちが理解出来た。
  尊敬し、敬愛する祖父の利き腕が麻痺し、認知証になり、回復したと思って大会に出た日に亡くなってしまったのだから、カルタを辞めるのも無理は無い。
  あれじゃあ、新自身、自分を責めるだろうし、カルタを見たくも無い気持ちにもなるだろう。
○悪かった点
・なし。
 →連盟の人の言葉で新が救われたのが良かった。
  本当は新のカルタには祖父のカルタが受け継がれているという描写があってほしかったのだけど、そこは全国大会もあるから仕方が無いか。

2012/01/01

新年明けましておめでとうございます

今年も適当にアニメの感想なんかを書いていきたいかと。

でも、テレビ朝日とテレビ東京がまともに見られないので、感想の数は相当減りそうだけど。

まあ、そんな感じで今年もよろしくおねがいします。

モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON 第31話「森となり獣となれ」

アユリアさんがユートさんの旅のオトモンになった感じですね。なんとも頼もしい! 見所 見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。