投稿

1月, 2009の投稿を表示しています

地獄少女 三鼎 第17話

○良かった点
・山童の全裸。
 →全裸は狙いすぎな感じがしたが、それはそれで良かった。
○悪かった点
・何が何だか分からなかった所。
 →山童の過去は理解できたが、山童が関わった老夫婦が何を考えて行動しているのかが分からなかった。(特に科学者の方)
  時系列も良く分からなかった。

しゅごキャラ!!どきっ 第68話

イメージ
○良かった点
・山吹沙綾のキャラクター。
 →最後まで山吹のキャラクターを揺らがせる事無く突き通した所が良かった。
・山吹のキャラなり。
 →新鮮で良かった。
・モブ幼女。
 →可愛かった。
○悪かった点
・なし。
 →山吹の言動一つ一つが面白かった。


見所





モブ幼女
イイね!





山吹沙綾のコスプレ
これもイイね!
彼女は結構、アニメスタッフに愛されていたりする。

黒神 The Animation 第04話

○良かった点
・なし。
 →慶太の言動のおかしさが気になって仕方が無かった。脚本を見たら、吉田玲子氏ではなく、別の人だった。
  道理でおかしい訳だ。
○悪かった点
・慶太の言動。
 →慶太がクロに契約解除を求めるのは至極尤もなのだが、今回のファミレスシーンではなく、前回の慶太がクロに契約の為、心臓を交換した云々の場面で言わないとおかしいと思った。
  あと、ファミレスを出た所で慶太が急に車について言い出したのも変だった。
  慶太が車の異変に気づいていたのなら、ファミレスを出る前に茜やクロに言わないとおかしいと思う。
・慶太が茜を騒動に巻き込んだ所。
 →慶太は、止まっていた車が自分たちを襲った連中だと認識して逃亡したが、どうして茜を巻き込んだのだろう?
  現時点では標的はクロと慶太自身だと思っているだろうから、茜を巻き込まないように行動するのではないだろうか?(一応、慶太はこれから戦う連中に頭は回る奴だと褒められているのだから)
  何故わざわざ茜を巻き込むような行動を取ったのだろう?
○気になった点
・クロの大食らい設定。
 →まさかとは思うが、クロの大食らい設定にはちゃんと意味があるのだよね?
  ただキャラ付けの為に大食らい設定を付けた訳じゃないよね?
  個人的には、こういう基本シリアスな作品ではキャラクターの設定には何かしらの意味があると見てしまうので、キャラ付けの為の設定は止めて欲しい。(ギャグだったらそういうキャラ付けはアリだと思う。本当はちゃんとして欲しいが。)

ミチコとハッチン 第14話

○良かった点
・アクション。
 →サトシの刺客に命を狙われるミチコの攻防劇にハラハラした。
・サトシの刺客のキャラクター。
 →ジジイもジャンキーもどちらも濃いキャラクターだった。
○悪かった点
・なし。
 →ミチコが偽サトシとシンスケの所に行く8話以来、久々にドキドキしながら最後まで見られた。
  ジジイとミチコの珍道中はどうなるのだろう?

しゅごキャラ!!どきっ 第67話

○良かった点
・なし。
 →かといって滅茶苦茶悪かった訳ではない。
○悪かった点
・那由他がUFOを信じる動機が薄かった所。
 →過去にUFOらしきものを見た、というだけで信じ続けるというのは説得力に欠けると思った。もう一押し、これなら那由他がUFOの存在を信じ続けるだろうと思える理由が欲しかった。
・ルルが那由他に惹かれた所。
 →何故惹かれたのか、さっぱり分からなかった。ただ夢を持っているというだけでは説得力に欠ける。ルルはそれまでに散々、夢を持つ人間を見てきたのだから。

キャシャーン Sins 第17話

イメージ
見所






















リンゴ
今回は花飾りが可愛かった。

バトルツアークラブ セクシーコスプレ 危険なアルバイト 第05話

イメージ
DVDのおまけ話の第05話目。
前回、こーきんが関羽に痛い目に遭わされた報復の為に、孫策と呂蒙が関羽にえっちなお仕置きをする話。
短すぎな上に、呂蒙が主人公かと思いきや関羽が事実上の主人公だったりと、個人的には不満に感じた。
次回で最終回を迎えるが、劉備や張飛や孔明や趙雲や呉栄(これは間違い)やらのエロを期待する。


見所












エロカットの数々
何でもーちゃんのエロカットがパンチラだけなの?○○なの?○ぬの?


それはそうと、一騎当千GGの5巻のジャケット裏がなんかエロかったので取り込んでみた。


季節はずれのエロサンタコス孫策
おっぱいに食い込むコスチュームに太腿に食い込むオーバーニーは良かったが、縦スジが無かったのが残念。

黒神 The Animation 第03話

○良かった点
・慶太とクロが離れざるを得ない状況に置いた所。
 →良くある、無理矢理に男女のカップルを作るようなものではなく、離れたくても離れられない状況にした所が良かった。
○悪かった点
・慶太とクロが離れたらどうなるのかを描かなかった所。
 →離れたら大変な事になる、とクロは言っていたが、全くそんな風には見えなかった。
  いったいどのくらい離れたら、離れたらいったいどうなるのかをきちんと描いて欲しかった。
  個人的にその点が気になったが説明されていなかった為、他のどうでも良い所が気になってしまった。
  例えば、クロの首輪について誰も突っ込まないとか、クロの大食らいについて突っ込まないとか、何故か茜が意外とちゃんと話を聞いていたとか。

バトルスピリッツ 少年突破バシン 第20話

○良かった点
・カードセンセの授業の最後の言葉。
 →人間と仲間に関する言葉はなかなか含蓄があって、思わず聞き惚れてしまった。
・メガネコの怒り。
 →「バシンのばかー!」には驚きと共に少し笑えた。
・テーマそのもの。
 →仲間は大切だ、というテーマ自体は良いと思うが今回の話でそれが描かれていたかというと疑問に思えた。
  むしろ「約束を守るのは大切」がテーマのように思えて仕方が無かった。
・バトスピにおけるバシンの成長。
 →Jを彷彿とさせるバシンの戦略に驚かされた。
○悪かった点
・バシンの言動。
 →スイレンとのバトスピ勝負の約束を守ろうとしたバシンの行動はらしいが、メガネコの制止を振り切って行く所に違和感があった。
  また、ラストでメガネコに謝ろうとして謝れなかった所もバシンらしからぬ行動だと感じた。

イナズマイレブン 第17話

○良かった点
・円堂が鬼道を見舞った所。
 →言葉だけでなく行動で鬼道を心配して見舞った所に好感が持てた。
・世宇子中の必殺技。
 →あの、フィールドを抉ったようなシュート跡は正にアイアンリーガー。
  いいぞ、もっとやれ。
○悪かった点
・鬼道が雷門サッカー部に入部する経緯を描かなかった所。
 →一応、仲間になる伏線は張っていたから鬼道がメンバーになる展開は納得できるのだが、肝心の鬼道の決意を描いていなかった為、少し引っかかりを感じてしまった。

ゲゲゲの鬼太郎 第92話

○良かった点
・岩魚坊主のキャラクターを立てた所。
 →短気で怒りやすい描写をしたお陰で、浪小僧を破門にするシーンに説得力があった。
・岩魚坊主と浪小僧の関係構築を丁寧に描いた所。
 →鬼太郎達を脇役として描いたお陰で、2人の関係が徐々に構築されていく過程が理解出来た。
  また、丁寧に関係を描写したお陰で、岩魚坊主が浪小僧を助ける展開も納得出来た。
○悪かった点
・なし。
 →ベタな王道ストーリーだったが、最後まで楽しめた。(こういう王道ストーリーが簡単なようで意外と難しいと思う)

ライブオン カードライバー翔 第16話

イメージ
見所