とある科学の超電磁砲 第01話

○良かった点
・エピソードで説明した所。
 →キャラクターの持つ能力や舞台となる学園都市、学園で行われる行事など、必要最低限の設定を分かりやすいエピソードで説明していて理解しやすかった。
○悪かった点
・なし。
 →黒子に絡んだエリザベータっぽいキャラクターの言動で涙子の偏見は理解できたが、出来れば、涙子の偏見を共感できるような直接的なエピソード(レベル5七天王の一人が涙子と同じ学校にいて偉ぶっているとか、レベル5七天王の腰巾着がトラの衣を借るキツネのように威張っているとか)があれば、涙子の心変わりがより理解できるし、美琴のキャラクターが引き立ったと思う。


見る気のなかった作品だったが、友人の勧めで見てみたら意外と出来が良かった。次回以降も見るつもりだ。
個人的に、アニメ版黒神のように2話目で失速しない事を祈りたい。

このブログの人気の投稿

えりす症候群の「あるばむ」について

えりす症候群で高得点を取るために必要な事

MAR-メルヘヴン- 第100話